NIPPON FALCONS LEAGUE

Our blog's intention is to request the US government to grant us a chance to defend our mother country Japan at the American court of law regarding the resolution "Comfort Women" passed July 30, 07.

「マケインの、新アジア政策」英語版

McCain 08


Renewing America's Asia Policy

By JOHN MCCAIN and JOSEPH LIEBERMAN
FROM TODAY'S WALL STREET JOURNAL ASIA
May 27, 2008

The resurgence of Asia is one of the epochal events of our time. It is
a renaissance that is not only transforming the face of this vast
region, but throwing open new opportunities for billions of people on
both sides of the Pacific -- Americans and Asians alike -- to build a
safer, more prosperous and freer world.
Seizing these opportunities, however, will require strong American
leadership and an unequivocal American commitment to Asia, whose fate
is increasingly inseparable from our own. It requires internationalism
rather than isolationism, and free trade rather than protectionism.
When our friends and allies in the Asia-Pacific region think of the
future, they should expect more -- not less -- attention, investment
and cooperation from the highest levels of the U.S. government.

Fortunately, the next American president will inherit a set of
alliances and friendships in Asia that are already in good shape. At a
time when America's popularity has declined in many regions, Asia
stands as an exception. Polls show that the United States enjoys more
support in Japan, South Korea, China and India than it did in 2000.
Our core alliances with Japan, South Korea and Australia have never
been stronger; relations with old friends in Southeast Asia like
Singapore are excellent; and promising partnerships have been forged
in recent years with friends like India, Vietnam and Indonesia.

The next president must expand on these achievements with an
ambitious, focused agenda to further strengthen and deepen these
relationships. Putting our alliances first, and bringing our friends
into greater partnership in the management of both regional and global
affairs, is key to meeting the collective challenges we face in a
changing Asia and in a changing world. For the same reason, the U.S.
must also participate more actively in Asian regional organizations.
America must likewise get its relationship with China right. China's
double-digit growth rates have brought hundreds of millions out of
poverty and energized the economies of its neighbors. The U.S. shares
common interests with China that can form the basis of a strong
partnership on issues of global concern, including climate change,
trade and proliferation. But China's rapid military modernization,
mercantilist economic practices, lack of political freedom and close
relations with regimes like Sudan and Burma undermine the very
international system on which its rise depends. The next American
president must build on the areas of overlapping interest to forge a
more durable U.S.-China relationship. Doing so will require strong
alliances with other Asian nations and a readiness to speak openly
with Beijing when it fails to behave as a responsible stakeholder.

American leadership is also needed on North Korea. We must use the
leverage available from the U.N. Security Council resolution passed
after Pyongyang's 2006 nuclear test to ensure the full and complete
declaration, disablement and irreversible dismantlement of its nuclear
facilities, in a verifiable manner, which we agreed to with the other
members of the six-party talks. We must reinvigorate the trilateral
coordination process with Japan and South Korea. And we must never
squander the trust of our allies and the respect for our highest
office by promising that the president will embark on an open-ended,
unconditional personal negotiation with a dictator responsible for
running an international criminal enterprise, a covert nuclear weapons
program and a massive system of gulags.

America's Asia-Pacific alliances are also dependent on maintaining
peace and stability in neighboring regions that affect Asian security
-- particularly the Middle East. Top leaders in Asia have warned that
a precipitous American retreat from Iraq would empower al Qaeda in its
global terror campaign and badly undermine America's position in Asia.
We should listen to them. American success in Iraq will reinforce
American leadership in Asia and stability there; American defeat and
retreat will jeopardize them.

Another objective of the next American president must be to deepen
America's economic partnerships in Asia. U.S. trade with Asia has
tripled over the past 15 years, creating millions of new jobs for
Americans and elevating millions of Asians into middle-class
consumers. Unfortunately, some American politicians are preying on the
fears stoked by Asia's dynamism. Rather than investing in American
innovation and entrepreneurship, they instead propose throwing up
protectionist walls that will leave us all worse off.

This is profoundly irresponsible. The U.S. has never won respect or
created jobs by retreating from free trade, and we cannot start doing
so now.
Ultimately, America's alliances in the Asia-Pacific region are guided
by more than the pursuit of shifting alignments of interest. Rather,
our leadership in the region is rooted in the norms and values we hold
in common with the region's great democracies.

Sixty-five years ago, there were only two Asia-Pacific democracies:
Australia and New Zealand. Today, more people live under democratic
government in Asia than in any other part of the world. Japan's
leaders have spoken eloquently about the importance of democracy in
Asia. India's prime minister has called liberal democracy "the natural
order of social and political organization in today's world."

We agree. No nation holds a monopoly on the insight that all men and
women are created equal and endowed with certain inalienable rights.
These are not only universal truths; they are also the indispensable
bedrock for the shared prosperity and stability we all desire. That is
precisely why the U.S. and its allies must work together to put these
norms at the center of our international system.

America itself must be a responsible stakeholder in that system, and a
good global citizen. American power does not mean we can do whatever
we want, whenever we want. On the contrary, our position in Asia has
been strongest when we have listened to our friends, and when we have
worked not only to persuade them that we are right, but been willing
to be persuaded that they are right. We must take seriously our
responsibility to address our contribution to climate change, for
instance, if we are to persuade others to take seriously their
responsibilities to do the same.

This spirit of mutual respect and trust is essential to all of our
alliances and partnerships in Asia -- trust in the reliability of our
security commitments, trust in the integrity of our economic promises
and trust in the consistency of our principles. Renewing these
commitments can provide the basis for a new century of shared Asian
and American prosperity, security and freedom.

Mr. McCain is a Republican senator from Arizona. Mr. Lieberman is an
Independent Democratic senator from Connecticut

                            ~~~

「ブッシュを殺人容疑で起訴」

Former California prosecutor Vincent Bugliosi wants President Bush
charged with murder.

Bugliosi – who in the early 1970s successfully prosecuted Charles
Manson for the murder of Sharon Tate and six others – lays out his
case against Bush in The Prosecution of George W. Bush for Murder
(Perseus Books, 2008).

The book will hit book stores today – Tuesday May 27, 2008.


"My motivation for writing this book is simple – to bring about
justice," Bugliosi says in a video posted on the book's web site
(prosecutionofbush.com).

"George Bush has gotten away with murder – thousands of murders,"
Bugliosi says. "And no one is doing anything about it. The American
people can't let him do this."

Bugliosi wants one or more of the fifty state attorneys general or one
of the nation's hundreds of district attorneys to step up and
prosecute Bush for murder.

"I have set forth in my book the jurisdictional basis for the Attorney
General in each of the fifty states – plus the hundreds upon hundreds
of district attorneys in counties within the states – to prosecute
George Bush for the murders of any soldier or soldiers from their
state or county who were killed in Iraq fighting George Bush's war,"
Bugliosi says in the video on his web site.

"I don't think it is too unreasonable to believe that at least one
prosecutor out there in America – maybe many more – will be courageous
enough to say – this is the United States of America. And in America
no one is above the law. George Bush has gotten away with murder. No
one is doing anything about it. And maybe this book will change that."

Bugliosi argues that Bush misled the nation into a war that has killed
more than 4,000 Americans.

At the center of Bugliosi's indictment of Bush is a October 7, 2002
speech to the nation in which Bush claims that Saddam Hussein was a
great danger to this nation either by attacking us with his weapons of
mass destruction, or giving these weapons to some terrorist group.

"And he said – the attack could happen on any given day – meaning the
threat was imminent," Bugliosi says.

"The only problem for George Bush – and if he were prosecuted, there
is no way he could get around this – is that on October 1, 2002, six
days earlier, the CIA sent George Bush its 2002 National Intelligence
Estimate, a classified top secret report. Page eight clearly and
unequivocally says that Saddam Hussein was not an imminent threat to
the security of this country. In fact, the report says that Hussein
would only use whatever weapons of mass destruction he had against us
if he feared that America was about to attack him."

"We know that Bush was telling millions upon millions of unsuspecting
Americans exactly the opposite of what his own CIA was telling him,"
Bugliosi said. "We know that George Bush took this nation to war on a
lie. Who is going to pay for all of this? Someone has to pay. And the
person who has to pay obviously is directly responsible for all of the
death horror and suffering. And that person is George W. Bush."

"The majority of the American people probably are going to find it
difficult to accept that the President of the United States, the most
powerful man on earth, would engage in conduct that smacks of such
great criminality. You just don't expect something like this from an
American president. However, I'm very confident that once they read
the book, they will be overwhelmed by the evidence against Bush. They
will be convinced that he is guilty of murder and should be
prosecuted. In the book, I lay out the legal architecture for the case
against Bush, all of the evidence of the guilt against Bush and the
jurisdiction to prosecute him. I even set forth proposed
cross-examination questions of him if he takes the witness stand at
trial."

As a state prosecutor in Los Angeles, Bugliosi prosecuted Charles
Manson and members of his "family" for the 1969 murders of Sharon Tate
and six others.

Bugliosi says he lost only one of the 106 felony cases he tried as a
prosecutor. He says he won 21 out of 21 murder cases.

He is the author of Helter Skelter – the best-selling book on the Manson trial.

このページのトップへ

「グランド歌舞伎世界公演」

kabuki 77

1977年8月成田を出発する市川猿之助一座。これから1ヶ月間、ロンドン~オタワ~ニューヨーク~シカゴ~ワシントンDCで公演。わしは36歳、興行師側のカンパニー・マネージャーだった。いろんなVIPに逢った。ジミーカーターご夫妻・ユルブリナー・キッシンジャー・マッカーサー夫人など、、自慢めくので、エエ加減にするわな。伊勢平次郎

Mrs macarthur

ジーン・マリー・マッカーサー夫人(右)~KH(興行師)~猿之助さん(左)なのだが、重要なのは、後の黒いTシャツで太い腕だ。それは、平次郎さまの左腕だからだ。クリック拡大。

kissinger 77

キッシンジャー(右)~猿之助さん~団四郎さん。だが、重要なのは、後の眼鏡かけた背の高い、いい男、平次郎さまだよ。クリック拡大。
このページのトップへ

「中国の対日計画」

VENOMさんが和訳してくれた。有難う。これで、しばらく、原稿の発表を中止しますね。伊勢


「Chinese Designs on Japan」の和訳

「中国の対日計画」

1990年代初めのフィリピンには、根強い米軍基地反対運動があった。 それで米比両国は、新しい安全保障条約を結ぶことで合意し、駐留米軍を削減することにした。 1995年、ほとんどの米軍部隊がフィリピンから引き揚げた後、中国は彼らの言うところの「人民解放軍」をスプラトリー諸島に進め、フィリピン政府の抗議にもかかわらず、ミスチーフ環礁を占領した。 フィリピンはアメリカに、米軍部隊を再度送ってくれるよう求めたが、当時の米国務省はその要求に取り合わず、何の措置も取らなかった。 中国はその島に軍事施設を建設し、今でもそこには中国兵が駐屯している。

これは、韓国兵に占領された、竹島と似たケースだ。 (ほとんどのアメリカ人はこの島の名を知らないが、竹島は日本の最大の島、本州と韓国の間に位置する)

中国が日本を、そのままにしておくなどと思ってはならない。 私の意見では、中国の次の目標は、台湾、そして沖縄と尖閣諸島だろう。 

中国は「中華思想」に基づいて、清朝がウィグルやチベットを併合したように、台湾と沖縄を併合しようと試みるだろう。 中国の政治スタイルは、清朝のように、いまだに「帝国」なのだ。 君も知っての通り、中国には野党が存在しない。

そして中国は、尖閣諸島周辺の天然ガスや、日本周辺のメタンハイドレートなど、地下資源を喉から手が出るほど欲しがっている。 チベットもそうだ。 チベットの地下にも、驚くべき量のメタンハイドレートが眠っていると聞く。

日本がまずやるべきことは、第九条を削除することだ。 そして米軍基地反対運動の声が大きくなる前に、日本の軍事力を再編し、確立することだ。 

以上、ジョン

註: 「竹島」、もしくは「リアンクール・ロック」と呼ばれる岩礁は、日本海(東海)にある小さな島の集まりである。 北緯37度14分30秒、東経131度52分に位置する。 その領土主権は、日本と韓国の間で係争中である。 第二次大戦後ずっと、韓国が実行支配している。

この島は、韓国ではドクト(もしくはトクト、漢字では「独島」と書き、孤独な島という意味である)と呼ばれ、日本ではタケシマ(漢字では「竹島」と書き、竹の島という意味である)と呼ばれる。 英語では「リアンクール・ロック」と呼ばれるが、これはヨーロッパ人として始めてこの島を発見し、1849年に海図に記入した、フランスの捕鯨船、「リアンクール号」に由来する。

以上です。VENOM訳

― ジョン、私は君の見方に、完全に全ての点で同意する。 我々も日本では、保守派たちの間で同じ議論をしている。 これも私のブログに貼り付けるね。 ノブ

**コピーを禁じますね。伊勢

このページのトップへ

「次の大戦争」その3

VENOM兄

有難うね。いろいろ、批評は出るだろう。JOHNと、伊勢は、ユニークな性格だ。どうしても、I am what I am, or going my way なんだよ。失敗することは、考えもしない。「人生は、昼寝の一種」と思うのね。伊勢


「次の大戦争」③  VENOM

(続き)

アメリカの真の戦略的利益

もしもうすぐ次の大戦争が始まるなら、それは我々の経済的苦境から注意をそらすことが、きっかけとなるだろう。 しかし一旦カオスが始まったら、世界に飢えが広がり、アメリカも含めて、食料を求める暴徒たちであふれるだろう。 そうだ、お察しの通り、警察と軍隊はもうその鎮圧準備に取り掛かっている。 人々を抑えつけるため、愛国者法を適用し、その他ジョージ・W・ブッシュのサインした多くの命令を適用するのに、戦争というのは、誠に便利な口実なのだ。 カナダとイスラエルは、既に公共安全保障「協力」の合意書に調印した。 その合意には、間違いなくアメリカ危機管理省への協力が含まれている。

この時点であなたは、このように虚弱な態勢において海外で米軍部隊に置くことには、もはや戦略的利益がないことにアメリカの政策立案者たちが気づき、部隊を撤収すると期待しておられるだろう。 またあなたは、フランクリン・ルーズヴェルト大統領がニューディール政策において、アメリカの公共および民間のインフラが、経済破綻によってどちらも共倒れになる前に行った財政支援を、もう一度実行してくれるよう期待しておられるだろう。

実際には、主要な政治指導者たちは、マケインもオバマも、そのような決断を下すことはできない。 そんなことをすれば彼らの政策が、アメリカ国内で決定されるものではないことを、証明することになってしまうからだ。 ある国や人物が自らの利益のために行動できなかいとしたら、それには理由が求められる。 その理由は、実はそうした決定が国外からコントロールされているから、というものなのだ。

アメリカ経済は、アメリカのエリートビジネスマンたちやアメリカの政策決定システムが支配するのではなく、国際金融エリートが支配しているのが現実なのだ。 だからアメリカは、自分では何一つ変えられない。 特にアメリカを借金地獄から救い出そうとする、理性的で効果的な手段をこうじることは禁じられている。 同様に外交や軍事の分野においても、破滅へ続く道を引き返すことはできないのだ。

だから、アメリカ国民が望むかどうかには関係なく(多分大半は望まないだろうが)、いくつかの戦争は目前に迫っている。 そのうち一つはイランとの戦争で、それは全世界を巻き込んだ大戦争、つまりユーラシア大陸との国々との戦いに発展するだろう。 金融エリートたちと、お抱えの傭兵部隊(主なものは、核兵器を口にくわえたイスラエルの軍隊)は、アメリカとロシアが殴り合って共倒れになった後で、美味しいところを拾い集めるために待機しているだろう。

何か対策は取られたのか? もちろんだ。 アメリカ大統領は、その地位にふさわしく、二つの緊急措置を取った。 一つめはロン・ポールの代理人となっている連邦準備銀行を、なくしてしまうことだ。 しかし「自由な銀行」システムへの渇望は、1830年にはあったかも知れないが、2008年には少し違った形態を取る。 「われら国民」は、自分たちが選出してホワイトハウスと議会に送り込んだ代表たちに、経済を立て直し、国民の所得を補償するための財政出動を求めるだろう。

二つめの緊急措置は、外国人の財政的・地政学的利益のため、世界を軍事的に征服する試みを、ストップすることだ。 その手段としては、やはり政府に予算を大幅削減させることだ。 国民の払う所得税は、その多くが国債の金利支払いや、為替相場への政府介入などに当てられているからだ。

今や、軍人・情報関係者・政治家、そして学生・労働者・従業員・管理職・企業家・引退者を含め、アメリカの愛国者は全て、目前に迫った危機を認識し、わが国の真の利益を守るため、恐れず行動すべきときだ。 ひとかけらの虚栄心と銀貨30枚のために、わが国とその国民を、狼の前に投げ出そうとする陰謀に対し、アメリカが勝利するためには、確固たる反対勢力が求められていることを、日増しに多くの人々が理解し始めている。

残念ながら、世界が崩壊するその横で、権力を握った連中の帝国が、彼らの利益だけを手にするように見える。 国民は目覚めなければならない。 我が家はもう、炎に包まれているのだ。 見る目を持った人たちがいてくれること、それだけが残された希望だ。

もちろんワシントンで起こる全てのことは、新しい議会に支持された責任ある大統領へと変えることもできる。 有権者が来たる11月、共和党に懲罰を下し、ブッシュ・チェイニー・ライスに不名誉な烙印を押した後、新しい大統領は決定を下すだろう。 しかしその後また、中東における戦争の拡大を、未然に防ぐことができたらの話だ。 議会に忠誠心を持つ軍隊が目覚め、レームダック大統領が議会承認なしに下す、違法な命令に従うことを拒否すれば、それは可能だ。

長期的には我々は、地政学的見地から見て後退し、誰が我々の真の同盟国なのか、じっくり考え直すべきだ。 同盟国の一つにはロシアが挙げられる。 ロシアと戦争する代わりに、平和を守る目的を共にする国々と、新しい同盟関係を築きなおす必要がある。 手始めに中東における平和、それから世界だ。

リチャード・C・クックは元連邦政府の分析官だ。 彼は民間奉仕委員会、食品薬品局(FDA)、カーター政権時代のホワイトハウス、NASA、財務省などで経歴を積んできた。 彼の文章は、経済・政治・宇宙政策などについて書かれたものが多くのウェブサイトで読める。 彼は、『我々はこの真実を守る―幣制改革の希望』という、幣制改革に関する本を書いた。 間もなくテンドリルプレス社から出版される。 

また彼には、『チャンレンジャーの真実―レーガン政権はいかにして、宇宙開発最悪の悲劇を引き起こしたか』という著作がある。 批評かによればこの本は、「過去20年間、宇宙開発分野における最も重要な書物」である。 彼はパートナー・著者のスーザン・ボスキーと共同で、「チャレンジャー号」に関するウェブサイト www.RealsustainableLiving.com を、もうすぐ開設する。 質問や意見など、彼にメールしたい場合、あるいは新著を購入予約したい場合は、EconomicSanity@gmail.com まで。

(終わり) VENOM




このページのトップへ

「次の大戦争」その2

VENOM大兄

有難うね。これで、原稿の発表は中止しますね。JOHNとは、チャットで、「進め、停まれ」と一日が経つ。この原稿は面白いので、進めとした。だが、問題が残るのね。例えば、「911のような偽装攻撃だろう」と、911事件をインサイダーの偽装事件と断定している。これは、先月にも、わしはきつく注意した。彼はやめない。

JOHNの勤める、BURNS REVIEWは、歴史の嘘を暴く出版社。WILLIS CARTOは、「ホロコースト否定」で悪名高い。「ANTI SEMITISM」だから、ユダヤ協会と、どえらい訴訟(80億円?)になった。この歴史の嘘を暴く術だが、「傍証」、SIDE STORYです。それをわしは嫌う。JOHNの作文能力~資料の豊富さ~洞察を、わしは買った。DCで影響を持つことも買った。だが、闘いはこれからです。ウチのは「結局、あなたが、しっかりしていなければいけない」と。その通りだわな。疲れた。

出版に漕ぎつけたら、日本に帰国します。伊勢志摩へでも、遊びに行こうや。次の企画は、「隼を有限会社にする」ことです。NPOでなくて、起業です。役員~株主~社員のいる。VENOMさんの出番かな?伊勢

*「Next Big War」の和訳 (続き)

「次の大戦争」② (続き)

明らかに金融エリートたちは、オバマが大きな変革を行わないだろうと確信したようだ。 海外では、選挙前に戦争が拡大することが目に見えているから、慎重かつ保守的にならざるを得ないオバマは、彼の受け取ったシナリオがどのようなものであれ、それに沿って行かざるを得ず、これから起こる出来事に予め拘束されているのだ。

事態の引き金は、おそらく9.11テロのような偽装攻撃だろう。 もしかして「スーツケース核爆弾」がアメリカの港から持ち込まれている

のではないか、との噂も流れている。 もう一つのシナリオは、オバマの手から「奪われる」ことになる選挙、もしくはブッシュが大統領を続けるために選挙そのものが中止される事態の口実として、イラン攻撃が行われることだ。 

ブッシュはやがて史上最も不人気の大統領として退場することになるのに、奇妙にも彼がそのことに無関心なのはなぜなのか、恐らくこのシナリオが一つの説明になるだろう。 彼は、選挙を中止しても、それが戦時の国家指導者の権限において完全に「合法的」だというアイディアに、精神病質的な楽しみを得てさえいるのかも知れない。 選挙キャンペーンの最中に、そんな事態に直面したら、オバマはどうするだろうか? 恐らく何もしない。

一方で議会の民主党議員たちは、例えばジョー・バイデン上院議員やジョン・コンヤーズ下院議員らは、議会の同意なしにイランを攻撃したら、ブッシュ大統領を非難するだろう。 残念ながら民主党は、2006年の選挙で上下両院の多数を占めたにも関わらず、ブッシュにイラクからの撤兵を迫ることに失敗し、民主党への信頼は完全に失墜している。 恐らくブッシュは、彼らのハッタリを聞きながら、任期の最後の日々を送るだけだろう。

歴史に根ざした災厄

これほどの規模の出来事は、そうなるまでに何十年も、あるいは何世紀も掛かる。 事実そうした計画は、1800年代後半から練られており、1859年にスコットランド南教区で選出された最高司令官であり、南部同盟の将軍だったフリーメイソンのアルバート・パイクは、三回の世界大戦を予想している。

パイクの予想通り、1914~1918年には第一次世界大戦が始まりし、何世紀にも及ぶヨーロッパ土着の高貴さが、国家を戦争マシンとして作り上げた金融エリートや産業資本家たちに、提供されることとなった。 ウッドロウ・ウィルソン大統領の政権下で起こった出来事を目撃した、ベンジャミン・フリードマン(1890~1984)によれば、ウィルソン大統領はイギリスから強い圧力を受けてやっと、アメリカを参戦させたが、既に当時イギリスは、パレスチナの地にシオニストの国家を創建する案に同意していたのだ。

テオドール・ヘルツルに率いられた当初のシオニストは、ケニアの処女地を提供するというイギリスの提案に同意していたが、中東の石油とスエズ運河の重要性から、金融エリートたちはパレスチナの地を求めたのだ。 その結果が、1916年のバルフォア宣言である。

第一次大戦末期にはロシア革命が起こったが、これは金融エリートたちが共産主義者に資金を与えて、ロマノフ王朝によるロシアのキリスト教支配を破壊させたものだ。 その結果が、ソヴィエト共産主義である。 その後一世代もたたないうちに、新たな世界大戦が始まった。 第二次世界大戦だ。 この戦争は、米英仏ソ中の連合国が勝利して終わった。 

その後金融資本主義は、国際通貨基金(IMF)と世界銀行を通じて世界を再構築するのに、その影響力を及ぼした。 経済学者のマイケル・ハドソンによれば、西側世界はソ連がIMFに加わってアメリカの支配に服従するのを拒否したことで、始めて冷戦の存在を宣言したのだと言う。(マイケル・ハドソン 『超帝国主義・アメリカ帝国の経済戦略』2003年)

第一次世界大戦後のロシア革命に続いて、第二次世界大戦後にはもう一つの大きな革命があった。 今度は中国で、毛沢東率いる共産党が支配権を握ったのだ。 1948年にイスラエル国家の創建が宣言されたが、その一部は男爵・ロスチャイルド三世の意向と資金によるものだった。 彼は英国情報部MI5の陰の支配者でもあり、恐らくソ連のスパイでもあった。(ローランド・ペリー 『第5の男』 1994年)

戦後世界において、金融エリートたちがアメリカの支配権をどのように獲得したかを知るには、ニクソン政権が1971年に下した決定を見れば良い。 ニクソンは金とドルのペッグ制を廃止し、世界の通貨を「浮き沈み」する状態に追い込んだのだ。 OPECによる石油価格の驚異的値上げにアメリカが同意してから、ドルは世界中にあふれ出した。

1979年、ポール・ボルカー率いる連邦準備銀行は、アメリカをインフレと戦う景気後退に追い込み、アメリカの製造業は壊滅した。 その時以来、アメリカの実質GDP成長もなく、アメリカ人労働者の生活水準向上もストップした。 この目に見えて明らかな後退は、遠まわしに「サービス経済」と呼ばれた。 1980年代初頭から、資産バブルの隆盛と沈滞が定期的に繰り返されるようになった。 もっとも最近の例は、ボルカーの後任として連邦準備銀行を率いる、アラン・グリーンスパンによって演出された、不動産価格の高騰と無茶な住宅購入ブームに引き続く、住宅バブルの崩壊だ。

バブル経済の結果、「通貨至上主義」として知られる連邦準備銀行の政策は、アメリカの製造業に50兆ドルの借金を負わせることとなったが、これは名目GDPである13兆ドルの約4倍に当たる。 そして世界のデリバティブ取引には、さらに500兆ドル以上が飛び交っており、それにはアメリカ人投資家の資金、例えば従業員保養施設基金なども、がっちりそこに捉えられているのだ。

深刻な経済危機は、往々にして戦争の原因となるが、金融エリートたちは、戦争によって描き換えられる国境線を、その利益に利用する。 我々は既に二つの世界大戦を経験したが、三つ目が目前に迫りつつある。 いわゆる「陰謀論」によると、最終的には世界の金融支配権は、ヨーロッパの金融エリートたちと世襲貴族たちが握ることになる。 支配権の中心は北欧に置かれ、実際の作業場はロンドンの「シティ」と呼ばれる、2平方マイルの広さの金融街に置かれる。 こうした支配グループは、ブリュッセルに首都を持つEUをもまた、支配することになる。

そのとき、残りの北米・アジア・アフリカ・中南米は植民地として厳しい支配を受け、そこの住民たちは少数の「家畜人間」とその監督だけになるだろう。 統治手段に先進のテクノロジーを駆使した支配と弾圧が、その道の専門家たち、つまりMI5やCIA、イスラエルのモサド、そしてブラックウォーターやハリバートンのような民間傭兵会社たちの仕事になるだろう。

今この瞬間にある危険
金融エリートたちが世界をひっくり返す陰謀の、その陰鬱な背景がどのようなものであれ、今の状況をかくも危険なものとしているのは、彼らの支配をすり抜けようとしている国や地域だ。 そうした国や地域には、ロシア・中国・ヴェネズエラ・ボリビア・エクアドルその他が挙げられるが、段々と金融エリートの言うことを聞かなくなりつつある。 そうこうするうちに、食料価格は高騰し始め、途上国の国民は飢えに直面しているが、一方では西側の農業ビジネスや石油会社は飛躍的な利益を記録しているのだ。 もはや政治的大変動は避けられない。

西欧式の金融資本主義が、これほどはっきりと世界を席捲する姿が見られたことは、今までなかった。 それに気づく人も増えている。 例えばウォール街で働く中国系アメリカ人の書いた、『通貨戦争』(中国語では「フオビ・ツァンツェン」)という本がある。 アジアタイムズ・オンライン(2008年4月8日付)によると、『通貨戦争』は中国で過去9か月、ベストセラーとなっている。 この本は、中国のネット空間でセンセーションを呼び、多くの関心と活発な議論を引き起こした。 

中国通貨の切り上げを求める欧米は、背後にその意図を隠しているというのだ。 著者のソン・ホンビンは多くの英語文献を引用し、近代における国際金融の歴史は、西欧のごくわずかな家系に属する者たちが、各国政府や国際機関にその支配を確立する過程に他ならない、と示している。

ソン・ホンビンによれば、国際金融や金融機関において自由市場などは存在しない。 ナポレオン戦争当時のロスチャイルド一族から、J.P.モルガンやロックフェラー、その他アメリカの巨大金融資本家の歴史において、ソンは近代における全ての戦争、不景気、人間が引き起こした災厄が、西欧の一握りの民間銀行家によって操作されていたと見る。 中国だけではない。 インターネットを通して何億もの人々が、世界の大金持ちに支配された中央銀行と世界的企業が、彼らの利益のためにそうした操作を行っていることに気づき始めている。 

だから金融エリートたちも、事態が彼らの目論見通りには進展しないことを認識した。 世界はバラバラになりつつある。 国家・民族・地域は、自由や安全とは程遠い。 科学や技術は、生活水準を引き揚げ、個人の知識や能力を飛躍的に向上させる可能性を持っている。

世界にはまた、排他的な愛国主義が復活しつつある。 例えばロシアだ。 1991年の共産主義崩壊以降、国際金融エリートたちはロシアの集団指導体制に入り込み、ロシアの豊富な資源を支配しようと試みた。 しかし自由な選挙によって、ウラジミール・プーチンが権力の座に着いた。 彼はロシアの地で、例えばワシントン・ポストのような西欧金融エリートの圧力を忌み嫌う、排他的愛国者の革命を成し遂げた。 ロシアは今や、その誇りと独立を取り戻しつつある。

東アジアでは中国が、自国通貨を地域経済におけるより安定した価値にして、アメリカのドル支配を突き崩そうとしている。 中東では、イランがアメリカの圧力に耐えており、パレスチナ人はイスラエルに抵抗し、中南米やアフリカなど他の地域では、「ワシントンの認識」から逃れて、より自主的な統治を求める動きが進んでおり、世界の出来事に共通した重低音を響かせている。 ユーロは、新しい国際通貨として、ドルの牙城に食い込み始めている。

いつの間にかアメリカという巨人像には、侵食の跡が見られるようになった。 アメリカ政府は10兆ドルもの負債を抱え、専門家に言わせるともはや破産状態だ。 国内経済はもはや、これと言うほどの製造業を持っていない。 東海岸と西海岸の金融街を除けば、財界の多くは借金を抱え、海外のメーカたちとの競争力を失っている。 社会が活力を失いつつある。

アメリカの金融システムは、2007年夏から沈滞し始めたが、連邦準備銀行が金融機関に負債の繰り延べを許したので、資金調達が比較的容易となり、卸売業の破綻は避けられた。 この寛大な措置は、2008年の大統領選の後で打ち切られると思われる。連邦準備銀行が突っかえ棒を取り除き、景気の実勢を反映させるためだ。 単純に言えばアメリカ国民は、その背伸びした生活水準を支えるだけの収入を得られなくなる。 特に石油と食料品の値上がりによって、その生活水準は崩壊への道を進んでいる。

だから戦争気違いどもが、彼らを権力の座から追い落とそうとする世界的な大変動が手遅れになる前に、今こそ行動しようと考えてもおかしくない。 金融エリートたちが、次の戦争に火をつける時間は、既に訪れたと見るべきだ。 お人好しのアメリカの政治家たちはいつものように、救いの手を差し伸べるだろうが、何かおかしいと薄々感づきながらも、自分たちが罠にはまったことを実感できないだろう。
(続く)

*コピーを禁じますね。伊勢

このページのトップへ

「次の大戦争」その1

towerexplosions1 (Small)

911事件。「インサイダー偽装攻撃」と、つまり、「CIAが裏で工作した」と、TIIFANYは主張するが、わしは「傍証」に過ぎないと、反論した。彼は、信じているようだが、、伊勢平次郎

                                 ~~~

VENOMさんが、和訳してくれた。これで、原稿の発表は中しする。伊勢

「Next Big War」の和訳。 たぶん①~③に分かれます。 VENOM


「次の大戦争」①

― ジョン、こいつは凄い!こいつは「陰謀論」なんかじゃない!ここには説得力がある。君はいつ、この文章を書いたのかね?ずいぶん時間が掛かったろうに。こいつは爆弾だ。そして我々には、こうした水準が必要なんだ。前に「第14章・次の大戦争」についてメールしたとき、私が言いたかったのは、とにかくアメリカの経済・軍事・指導力が弱まったことだ。君は天才だよ。みんなが理解してくれなかったり反対しても、私は気にしない。私はこうした専門家の水準が好きなんだ。兄弟、素晴らしいよ。 のぶ ―

5/16(金) ジョン・ティファニーより
注意: これは概要だけの下書きに過ぎないから、もちろん後で、君の考えを聞いてから、ちゃんと書き直す。 ジョン

第14章 次の大戦争

この章には、いくつかの予測を含む。 例えばアメリカがイランを攻撃するようになったら、結末の見えない大戦争のきっかけになる、などだ。 もちろん予測というのは推測に過ぎないが、現状を分析してそんな事態にならないよう、警告のために予測を出す場合もある。

西ヨーロッパの大都市に長年住んでいる世界金融界のエリートは、ニューヨークにも大きな支店を構えているが、恐らく彼らがアメリカの尻を叩いて第三次大戦を始めさせる、その背後にいるのだろう。 その相手はユーラシアの陸軍国、恐らくロシアだ。

彼らエリートたちは、ユーラシア大陸の豊富な地下資源を支配することで、世界を支配しようとする長期的なプランを持っている。 支配の中心となるのは、石油の豊富な中東だ。 アメリカとイギリスはすでにイラク・アフガニスタンを押さえつけており、最近またペルシャ湾岸地域に部隊を展開させている。彼らがそこでさらにイランを攻撃することが、次の戦争の始まりだ。

アメリカのネオコン強硬派が主張していたように、攻撃には核兵器が用いられるかも知れない。 また同盟国のイスラエルは、同時にレバノンとシリアを攻撃するかも知れない。 こうした事態は、アメリカの景気後退や、2008年の大統領選と密接に関わっているのだ。

この分析のユニークな点は、ヨーロッパに基盤を持つ金融エリートたちの目的に、アメリカが不本意ながら利用される、という著者の主張だ。 彼らはアメリカ経済が破綻したことを知っている。 なざなら彼らこそが四半世紀に渡って財政的な操作を加え、そうなるように仕組んできたからだ。 その結果、我々の製造業は破壊され、我々は恐ろしい負債の中に取り残されてしまった。

彼らは我々をだまして、ユーラシア大陸の地上戦に誘い込もうとしている。 そこには我々が最後に必要とする資源が埋まっているのだ。 そしてその戦闘は、我々をロシアや多分中国との戦いに引きずり込む恐れがある。 しかし大丈夫だ。 なぜなら我々がへとへとになり、核による報復に誘いこまれても、EUの旗のもと統一したヨーロッパは、そしてイスラエルも、恐らく無傷のまま影響を受けないからだ。

そもそもイスラエルは、そうしたヨーロッパの、特にロンドンの金融業者によって作られ、彼らに忠誠の義務を負っていることに注意すべきだ。 たとえアメリカがイスラエルに対する最大の武器提供者であり、1963年のジョン・F・ケネディ暗殺以降、最大の保護者であったとしても、その状況は変わらない。 もしそうした金融業者が、イスラエルの助けを得て、ロシアとアメリカを超大国の座から追い払うための戦争を始めるならば、彼らの目的は達成されたも同然だ。

アメリカとロシアのユニークな立場
米露両大国の大陸勢力は、100年前に国際金融エリートたちの貪欲な戦線に、一緒に立つことになった。 両国の国民は、共に精神性が高く、賢くて発明の才に恵まれており、いずれも自国にルーツを持っていた。 西ヨーロッパが手一杯広げた帝国主義・植民地主義経済の歴史においても、米露両国は長い間それを押し留めようとしていた。

20世紀の戦争とトラウマにもかかわらず、アメリカとロシアは共通する文化を持っていた。 すなわち普通の人々が自己を表現し、勉強し、働き、抜きん出るために懸命に努力する、というという文化だ。 アメリカはもちろん、ロシアにおいても、帝政ロシアとソヴィエトの専制政治にもかかわらずそうだったのだ。 例えばロシアの作家、アレクサンドル・ソルジェニツィン(1918~ )は、こう述べている。

「歴史的背景は、西ヨーロッパの固定的な階級社会における貴族的文化とは、大きく異なっている。 西欧では、戦争や革命を経てもなお、経済的に力のある少数がトップに立って、何世紀もの間、社会を統制し続けた。 貴族の伝統は特に英国で顕著であるが、そこではウィンザー朝の王室が信じられない富を持ち、少数の貴族階級が大きな権力と影響力を持って、王室の藩屏を形作っている。 この藩屏には、古くからの高貴な家柄に加え、近代以降は銀行家や財政専門家、工業資本家や政府高官、マスコミ界の重鎮、そして世界の富の大半を支配する、情報活動が参加している。

アメリカを作り上げた人々は、このように貪欲な貴族文化から逃れ、自由を求めてやって来た。 同様に帝政ロシアが、西欧の支配にどれほど抵抗したかという話は余り知られていないが、ロマノフ王朝と正教、地方貴族、零細農民たちが長年の間団結して、その歴史のほとんどの期間、外部の支配から祖国を守ってきたのは事実である。

中東を支配するという、西欧人の欲望
ずっと物質本位で冷たく非人間的なため、20世紀の世界大戦に責任があるのは、他ならぬヨーロッパのエリートたちである。 ロシアの共産主義革命に資金援助を行ったのも、世界人口の半数が苦しむ飢えや貧困を改善しようとする努力に水を掛ける、今日の経済危機をもたらしたのもそうである。 今や第三次世界大戦の危機が、目に見えて浮かび上がって来た。 それは中東におけるアメリカの野望が直接のきっかけになるだろうが、それはヨーロッパの黒幕たちが、陰から糸で操る陰謀劇のごく上っ面に過ぎない。

彼らは、ユーラシア大陸でアメリカに汚い仕事をやらせておいて、その結果アメリカが敗北したり破産しても、別段気にしないのだ。 事実、計画は動き出している。 外国に莫大な負債を抱えるアメリカのような国は、米国債の半分を買ってくれている中国や日本も含め、今まで外国に対して取っていたような態度は取れなくなり、もはや自分の運命を自分で決めることはできなくなる。

中東を軍事征服したい、というヨーロッパの執念は、11世紀の十字軍にまでさかのぼる。 18世紀の末、イギリスはインドの征服をもってその帝国の東端と定めた。 1798年、ナポレオンはエジプトに侵攻した。 第一次大戦の結果、オスマントルコ帝国は滅び、英仏がほぼ百万平方マイルの土地から成る地域の地図を描き変えた。 1948年にはイスラエルが建国され、西側の橋頭堡となった。

しかし今日、サウジアラビアやペルシャ湾岸に基地を持つのはアメリカであり、アフガニスタンとイラクの占領して、さらなる戦闘の必要性を招いている。 地図を一目見れば分かることだが、何とこの事態は我々の戦略的利益に反していることか。 そしていかに多くの経費を要求することか。 我々はこの地域における、終わりの見えない軍事介入に引きずり込まれたのだ。 それを「帝国」と呼ぶ者もいるだろう。 しかし理性ある者なら、それを「気違い沙汰」だと呼ぶだろう。

どうしてこうなってしまったのだろう? 1970年代から、アメリカは危険なほど過剰に中東の石油に依存しており、OPECの国々は我々の証券類を買い占めた。 ベトナム戦争後期に、戦後はじめてアメリカの経常収支が黒字から赤字へと転落したため、米政府は国債を外国に買ってもらう必要が生じ、その後さらに、戦争と所得支援の費用をまかなうために、政府は負債をどんどん積み上げた。

しかし、なぜ我々の部隊が中東にいるのか、という問いには、別の説明もある。 ユダヤロビーの圧力だ。 このロビーは無意識に、しかし確実に、米国民の利益よりは自分たちの利益を優先させてきた。 その結果イスラエルの代理人としてだけでなく、長期的に見ればヨーロッパの金融エリートたちの代理人として活動してきた。 パレスチナの地にイスラエル建国を援助したのは、そのヨーロッパ金融エリートたちなのだ。

もちろん多くのユダヤ人は、かなりのイスラエル国民も含め、彼らの評判を悪化させた政策を、もはや信じてはいない。 徐々に多くの賢い人々が、ユダヤ教徒も含め、そうした金融エリートの非難に反対もせず、イスラエル国家の行動が反ユダヤ的なのか、と問うこともしなくなってきた。

しかし事態が同じ方向へと進み続けるなら、ユーラシア大陸の諸国は、すでに中国・ロシア・カザフスタン・キルギスタン・タジキスタン・ウズベキスタン、さらにイランをオブザーバに加えた上海協力機構として緩やかに団結しはじめており、もう沢山だと言い始めるだろう。 西の端の砂漠には線が引かれており、東もまたそうだ。 大戦争が間近に迫っている。 それはアメリカ経済の地下で進行しつつあり、世界を飢餓に叩き込む破局と、タイミングを合わせているように見える。 

2008年大統領選との関係
戦争のシナリオはまだ定まっておらず、11月の大統領選に向けて容易に加速し得る。 事態は進行中であり、既成事実の積み重ねによって、誰が新大統領になっても、もはや修正不可能だと思われる。 それはアメリカを見舞う、最後にして最悪の破局となるだろう。 それをもたらすのは、ジョージ・W・ブッシュとその一味、リチャード・チェイニー、コンドリーザ・ライス、そして2000年のフロリダにおける選挙でブッシュに大統領の座を与えた最高裁判所など、ネオコンの面々だ。 9.11テロの後、9か月以内にアフガニスタンとイラクで戦争が始まったが、作戦計画はずっと前からできていたのだ。 その後にやってきたのは、危機管理庁と愛国者法だ。

2008年現在、3人の大統領候補は全て妥協の道を選んだ。 ヒラリー・クリントンとその夫のビル・クリントンは、ずっと以前からニューヨーク市ウォールストリートに支店を置く、国債金融エリートたちのしもべだった。 最近、共和党候補のジョン・マケインは、臣従の誓いを立てるためにイスラエルを訪れ、ロンドンのロスチャイルド四世男爵の夜会に参加した。 バラク・オバマもまた、イスラエルに忠誠を誓った。 もっとも彼のイランに対する発言は、「地図から消してやる」と言ったヒラリー・クリントンほど、激烈なものではないが。

オバマは、大統領に当選する可能性が最も高いように見える。 なぜなら、メディアを支配する金融エリートたちが、そう決めたからだ。 ヒラリー・クリントンは、民主党の候補者レースにおいてデッドヒートを繰り広げ、ウェストバージニア予備選で優位を占めたりはしたものの、立候補を辞退せよという度重なるプレッシャーの重圧を受けている。 クリントンの受けた最新の打撃は、2004年の副大統領候補だったジョン・エドワーズによるオバマへの支持表明である。

オバマは、特定の支持層を持たない候補だ。 なぜなら80%のアメリカ人は、自国が間違った方向に進んでいると考えているからだ。 彼はとにかく、「変革」を叫ぶ候補だ。 その「変革」が何を意味するにせよ。

ヒラリーは、左右両派の一致する見方だが、子犬を虐待し、赤ん坊の肉を食べるタイプだ。 しかし彼女の政策提言は驚くほど大胆で進歩的だ。 オバマは、自分でそう言うだけでなく、広くそう評価されているが、新時代へと導く先導者だ。 しかし彼の実際の政策提言は、リベラルではあるものの慎重で、時には月並みでさえある。

金融エリートたちの決定は、オバマがしもべに選ばれた者だということだ。 彼は、自由党候補選びにおいて、ジョージア州選出のボブ・バー議員との指名者争いでもそれを立証したようだ。 バー議員は、ジョン・マケインから票を奪い取ることでオバマの選出を確実にするだろう。 ちょうど1990年にジョージ・H・W・ブッシュ大統領に対してロス・ペローがやって、民主党のビル・クリントンを有利にしたように。

バー議員の参加表明は偶然ではなく、いくつかの目的を持ったものだ。 ジャーナリストのジェィムズ・P・タッカー・ジュニアによれば、例えば4月25~28日にワシントンDCで開かれた三極委員会の会合で、政治「革命」を掻き立てて、ロン・ポール共和党候補の勢いを食い止める決定が為された。(ジェィムズ・P・タッカー・ジュニア、『三極委員会―DCにおける世界エリートの集まり』)

連邦準備銀行が各銀行の規則を撤廃し、世界征服を目指すアメリカの軍事的対外政策は終わったというニュースが流された結果、ロン・ポールは三極委員会によって、タッカーが引用するところだと、「はなはだしい」打撃をこうむった。 ボブ・バーは、ロン・ポールの動きを止めてもらったおかげで、文句なく当選できるだろう。

ロン・ポールは、特権階層寄りの立場を取り始め、金融エリートたちの視点では、そうした人気取り的な反逆は要チェックだった。 自由党候補を利用してこれを行うことは、彼らに取って何のコストもかからず、そうした「男らしい」けれども時代遅れの自由放任政策を、経済に重要な決定を行う民間経営の銀行システムに持ち込むことは、むしろ滑稽でさえあった。 (続く)

*コピーを禁じますね。伊勢
このページのトップへ

「伊勢の素顔」その2・わが父

fuso father 20 1915

前列左から二人目が、わが父の20歳ときの水兵姿。大正海軍・呉海兵団。1915年軍艦扶桑の艦上。「大日本軍艦扶桑」と誇り高し。それも、そうだ。日露海軍の対馬海戦から10年だから。父は機関兵だった。釜焚きだった。ジーゼルでなかったのだ。一緒に釜をたいた戦友は、鹿児島県人だった。大阪で旅館を経営していた。父が、死の床にあるとき、息子を二人連れて、品川へ訪ねてきた。布団を並べて、一晩中話していた。「わが父から勧められてやった、シミーズ製造会社が儲かるとか」だった。それから、すぐに父は亡くなった。63歳だった。お葬式のときに、この戦友は、数人と連れ立って、やってきた。ながーい弔辞を読んだ。お焼香に立ち寄った町の人たちも、その友情あふるる弔辞に涙を流した。「はあ、海軍の戦友さんですか?」「尾崎君は偉かった。戦友は、カネを借りたんだ」「ええ~?」と姉。「そう、扶桑銀行というのをやっていた」と。話しはこうだ、、

父は、酒をやらない。タバコと、羊羹などの甘いもの好き。それで、金を貯めては、故郷の養父母に、仕送りをしていた。一方、戦友らは、給料日になると、花札賭博(おいちょ)を開帳した。父は、博打はやらない。背中を見せて、「爆弾三勇士」などを読んでいたらしい。一晩で、スッテンテンになる者、勝った者も、次の給料日までには、スカンピンになった。すると、誰とも無く、「尾崎君に借りよう」となった。父は、「トイチ」つまり、10日に1割の高利で貸した。だが、借り手は、引く手あまただったようだ。上官まで、「おい、尾崎君、ちょっと相談、、」だった。

あるとき、揚子江の入り口で停泊中に、対岸から発砲を受けた。戦闘ベルが鳴り、みんな銃座に着いて、撃ち出した。「タンタンターン」とな、青春を想い出したのか、嬉しそうに大阪の社長は言った。戦闘中には握り飯も出たらしい。「ところで、機銃で向こう岸を撃ってたら、袖を引くものがおる。ふり返ると、尾崎君やった」「ナンじゃい?」と聞くと、「おいどん、給料もろちゃろが?」と。その朝、給料が出ていたが、戦闘中だから、集金には来ないだろうと多寡を括っていたのだ。「さすがに、これには、あきれたわな。は、は、は」  父には、義理の妹がいた。「兄さんは、よう、おカネを送ってくれはった」と涙ぐんだ。「それ、わしのカネやで」と、鹿児島男児。子供たちの知らない父親の一面だった。伊勢平次郎の与太話しですわい。
このページのトップへ

Chinese Designs On Japan

chinese designs on japan

There was a strong anti-U.S. base movement in the Philippines in early
1990's. Both nations agreed to sign the new treaty of security and
diminish U.S. troop strength. In 1995, after most of the U.S. troops
withdrew from the Philippines, China advanced her so-called People's
Liberation Army to the Spratly Islands and occupied Mischief Reef,
which Philippines had been claiming. Philippines requested the U.S. to
send troops again, but the U.S. Secretary of State at that time did
not take an action but virtually ignored the request. China built a
military facility and apparently Chinese soldiers have been staying
there until today.

It was much like Takeshima (most americans do not know that this is
the island situated between South Korea and Japan's largest main
island of Honshu) occupied by Korean soldiers.

Don't assume China will leave Japan alone. In my opinion China's next
target could be Taiwan, and then Okinawa, and the Senkaku Islands
next.

China will try to absorb Taiwan and Okinawa under the "Sinocentrism"
ideology, like Qing dynasty absorbed Uyghur and Tibet.
China's political style is still "empire" like Qing. As you know there
is no opposition political party.

And they also aspire to the underground resources, such as the gas
under Senkaku Islands and methane hydrate (methane clathrate) around
Japan. Tibet is the same. I hear there are massive amounts of methane
hydrate under the ground of Tibet.

What Japan has to do first is to abolish Article 9, and reorganize and
build up the Japanese military, before chanting anti-U.S. base
slogans.

--john

For clarification: Takeshima, or the Liancourt Rocks, are a group of
small islets in the Sea of Japan (East Sea). They are situated at
37°14′30″N 131°52′″E. Sovereignty over the islands is disputed between
Japan and South Korea. South Korea has controlled them since after the
Second World War.
The islets are known as Dokdo (or Tokto) (독도/獨島, literally solitary
islands) in Korean and as Takeshima (竹島? , literally bamboo islands)
in Japanese. The English name Liancourt Rocks is derived from Le
Liancourt, the name of the French whaling ship whose crew were the
first Europeans to encounter and chart the islets in 1849.

John, I absolutely, completely agreewith your views, and we have the same discussions here in Japan among our conservatives. I will paste this in my English blog too. nobu

WARNIG: No one is allowed to copy the above article. I f you do, we will take you to the court of law. Iseheijiro Spokesman NFL
このページのトップへ

The Next Big War

同志のみなさん

英語の読める人はどうぞ、ご覧ください。コピーは禁じますわね。伊勢

John, This is powerful! This is not "conspiracy" story. This is convincing. When did you write this? It must have taken your time considerably. This is a bombshell alright, and we need this quality. When I wrote to you about "Chapter14 The next big war" all I said was that the weakening America in her economy, military and leadership. You are a genius. I tell you what, I don't care if many don't understand or disagree with us. I like the level of this "intelligence." Bro, wonderful. Nobu


On 5/16/08, xon tiffany wrote:
Note: This is a rough draft only--i will of course rewrite it after i
get your ideas on it.--john
4781 words

Chapter 14
The Next Big War

This chapter contains a few forecasts, including the possible start of
a major war with unforeseeable consequences, if the U.S. should happen
to attack Iran.

Of course it is in the nature of forecasts that they are speculative,
and there are also forecasts intended to serve as warnings and thereby
contribute to preventing the events under analysis from ever taking
place.

The world's financial elite, long having made their homes in the
metropolises of Western Europe, also with a major branch in New York
City, may be the party that is really behind what could be an attempt
to start World War III by pitting the U.S. against the Asiatic land
powers, most notably Russia

The elite have long viewed control of the vast resource-rich Asian
continent as the key to control of the world, with the fulcrum of
domination being the oil-rich Middle East. Such a war could begin if
the U.S. and Britain follow through by attacking Iran on the heels of
the Afghan and Iraq wars and recent military deployments to the
Persian Gulf region.

The attack may be nuclear, egged on by "neo-conservative" extremists
in the U.S. and their counterparts in Israel, who may simultaneously
carry the attack to Lebanon and Syria. These events are closely tied
to the U.S. economic recession now under way and the 2008 presidential
election.

What is unique about this analysis is the author's contention that the
U.S. is being used unwittingly by the European-based financial powers
for their own purposes. They know that the U.S. economy is bankrupt,
because they have made it so through a quarter century of financial
manipulations that have destroyed our manufacturing base and left us
horrendously in debt.

Now they have suckered us into the last thing we need—a major Asian
land war that threatens to bring Russia and perhaps China into the
fray. But that's all right, because once we have exhausted ourselves
and courted nuclear retaliation, Europe, which is uniting under the
European Union, will likely be left standing, as will Israel.

Note that Israel was created by and owes its primary allegiance to the
European financiers, especially those in London, even though the U.S.
has been its primary arms supplier and enabler since the assassination
of President John F. Kennedy in 1963. If the financiers, aided by
Israel, can instigate a major war to get rid of Russia, along with the
U.S., as world powers, they will have accomplished their aim.

The Unique Status of the U.S. and Russia

The U.S. and Russia are the two great continental powers which up
until about a century ago most stood in the way of the rapacity and
greed of the international financial elite. The people of both nations
have a history of being deeply spiritual, talented and innovative, and
rooted in the land. Both nations tried for a long time to keep Western
Europe, with its history of economic and colonialist imperialism, at
arms length.

Despite the wars and traumas of the 20th century, both the U.S. and
Russia remain cultures where ordinary people have struggled to express
themselves, to learn, to work, and to excel, even with Russia's
background of Tsarist and Soviet autocracy. See, for instance, the
writings of Russian author Alexander Solzhenitsyn (1918-).

This heritage is much different from that of the Western European
aristocratic culture with its rigid class divisions, where an
economically powerful oligarchy has controlled society for centuries
and has always managed to stay on top despite wars and revolutions.

The aristocratic tradition is most notable in Great Britain, with the
incredible wealth of the Windsor royal family and the concentric
circles of power and influence that surround it. These circles are
made up of a blend of the old nobility with the more recent additions
of bankers, financiers, industrialists, government executives, media
moguls, and intelligence operatives who continue to control much of
the wealth of the world.

The people who settled America fled that predatory aristocratic
culture to find freedom. It is less well known how Tsarist Russia
resisted Western European domination, but it is a fact that a
longstanding alliance among the House of Romanoff, the Orthodox
Church, the rural nobility, and the peasantry came together to create
a culture that successfully kept that nation free from external
control for most of its history.
European Lust for Control of the Middle East

It was really the European elite, both deeply materialistic and coldly
inhumane, that was responsible for both of the 20th century's world
wars, for funding the Bolshevik Revolution in Russia, and for bringing
about today's economic crisis that threatens to reduce to abject
poverty or even starve perhaps half of the world's population. Now a
third world war threatens, and while it appears on the surface that
the immediate cause may be U.S. ambitions in the Middle East, this is
a mask for the underlying machinations of the European controllers who
are pulling the strings.

These people couldn't care less if the U.S. is bankrupted or destroyed
in a larger Asian conflict while engaged in doing their dirty work. In
fact that appears to be the plan. A nation like the U.S. that owes as
much money as it does today to foreigners, including China and Japan
who purchase close to half our national debt, is no longer master of
its own destiny.

The European desire for military conquest of the Middle East dates to
the Crusades, which started in the 11th century. By the end of the
18th century, Great Britain had planted itself on the eastern terminus
of the region through the conquest of India. In 1798, Napoleon invaded
Egypt. World War I saw the destruction of the Ottoman Empire, with
Britain and France redrawing the map of an area consisting of almost a
million square miles. When Israel was founded in 1948, it became a
Western bridgehead.

But today it is the U.S., with its bases in Saudi Arabia and the
Persian Gulf, and conquests in Afghanistan and Iraq , that leads the
charge. This is so, even though a glance at the map shows how contrary
to our strategic interests—and how unimaginably expensive—it is for us
to have been drawn into a major open-ended military commitment in this
part of the world. Some call it empire. Rational men call it lunacy.

How has this come about? Since the 1970s, the U.S. has been
dangerously dependent on Middle Eastern oil and on the OPEC nations to
purchase our Treasury bonds. The need to sell our debt abroad came
about late in the Vietnam War when our post-World War II trade surplus
was reversed and the government went deeply into debt to pay for the
war and the growth in income support entitlements.

But there is another explanation for why we are there: pressure from
the Jewish lobby. This lobby acts in the U.S. , perhaps unwittingly
and certainly against its own interests as U.S. citizens, as a
surrogate not only for Israel , but, taking a longer view, also for
the European financial elite who backed the creation of a Jewish
national state in Palestine in the first place.

Of course many Jews, including sizeable numbers in Israel , themselves
no longer believe in policies which have brought them so much ill
repute. Increasingly, people of goodwill, including many of the Jewish
faith, are coming to understand that neither opposition to the abuses
of the financial elite nor questioning the actions of the Israeli
state itself is anti-Jewish or anti-Semitic.

But if events continue in the same direction, the Asiatic land powers,
now loosely organized through the Shanghai Cooperation Organization,
which includes China , Russia , Kazakhstan , Kyrgyzstan , Tajikistan ,
and Uzbekistan , with Iran as an observer, will have had enough. There
is a line in the sand facing west as well as east. A major war is
clearly on its way, which seems to be timed to coincide with the
ongoing economic collapse that is undermining the U.S. economy and
also threatening to plunge much of the world into famine.
Connection with the 2008 Presidential Election

The war scenario is unfolding now and will likely accelerate as we
approach the November presidential election. The actions underway
appear to be designed to present any new president with a fait
accompli, where corrective action is no longer possible. It would be
the last and worst of the catastrophes visited on our nation by the
revolutionary cabal of George W. Bush, Richard Cheney, Condoleezza
Rice, and the neo-con shock troopers who took over when the Supreme
Court awarded Bush the presidency after the 2000 Florida election
debacle. Within nine months came the 9/11 attacks, followed by wars
against Afghanistan and Iraq using off-the-shelf plans. Next came the
Department of Homeland Security and the Patriot Acts.

Now in 2008 the three remaining presidential candidates are all
compromised. Hillary Clinton, with her husband Bill, have long been
servitors of that branch of the international financial elite
headquartered on Wall Street in New York City . Recently, Republican
candidate John McCain traveled to do homage to Israel , then attended
a soiree with the Fourth Baron Rothschild in London . Barack Obama has
also affirmed his loyalty to Israel , though his utterances against
Iran are less vehement than those of Hillary Clinton, who has
threatened to "obliterate" that nation.

Obama appears the most likely to become president, because the
financial controllers, acting through the corporate media, seem to
have designated him as such. Hillary Clinton is under intense pressure
to get out, even though the Democratic race is a virtual dead heat and
she just routed Obama in the West Virginia primary. The latest blow to
Clinton is the endorsement of Obama by John Edwards, the Democrats'
2004 vice presidential candidate.

Obama is the candidate who came out of nowhere because eighty percent
of Americans believe the nation is headed in the wrong direction. He
is the candidate calling for "change," whatever that means.

Mrs. Clinton, we are assured by sources right and left, tortures
puppies and eats babies. But her policy proposals continue to be
surprisingly bold and progressive. Mr. Obama is widely portrayed, not
least by himself, as a transformational figure who will usher in a new
era. But his actual policy proposals, though liberal, tend to be
cautious and relatively orthodox.

The determination by the financial controllers that Obama is the
anointed one may also be shown by the entry into the race of former
Georgia congressman Bob Barr as the candidate of the Libertarian
Party. Barr will siphon votes away from John McCain and make Obama's
election a certainty, just as Ross Perot did with President George
H.W. Bush in 1990, allowing the election to swing to pro-business
Democrat Bill Clinton.

Barr's entry is no accident and serves multiple purposes. According to
journalist James P. Tucker, Jr., for instance, attendees at an April
25-28 meeting of the Trilateral Commission in Washington, D.C., made a
determination to stop Republican candidate Dr. Ron Paul's momentum in
stirring up a political "revolution." (James P. Tucker, Jr.,
"Trilateral Commission: Global Elite Gather in D.C.")

Dr. Paul, who has been delivering the news that the Federal Reserve by
which the bankers rule should be abolished, and that U.S. foreign
policy based on military conquest of the world should end, has been
causing, according to the Trilateralists cited by Tucker, "significant
future damage." Bob Barr will doubtless be awarded handsomely for his
trouble in helping de-fuse Dr. Paul's movement.

Dr. Paul is to be commended for his stance in taking on the
establishment, and from the financiers' point of view, such populist
uprisings as he is leading obviously must be checked. Using a
Libertarian candidate to do this costs them nothing, as it is almost
comical how the "macho" but outdated laissez-faire economics of the
Libertarians play into the hands of the privately-owned banking system
which makes all the important economic decisions anyway.

Obviously the financial establishment must feel reassured by the
likelihood that Obama really won't change much of anything. Overseas,
this could make it even more certain that a wider war will start
before the election, so that Obama, being cautious and relatively
orthodox, will go along with whatever scenario he is handed and so
will be handcuffed by events.

The trigger could be a 9/11-type false-flag attack, possibly a
"suitcase" nuke going off in a U.S. port city, as has been rumored.
Other possible scenarios include an attack on Iran being a cover for
the election to be "stolen" from Obama, or even for the election to be
canceled, with Bush continuing as president. Perhaps this is what
explains Bush's curious detachment in the face of his coming departure
as the most unpopular president in history. He may even entertain the
psychopathic idea that cancelling the election could be perfectly
"legal" and within his rights as a wartime chief executive. What would
Obama do if faced with such an outrage while out on the campaign
trail? Perhaps nothing.

Meanwhile, Democratic figures in Congress, such as Senator Joe Biden
and Congressman John Conyers, are threatening to impeach President
Bush if he attacks Iran without a congressional resolution.
Unfortunately, the Democrats are totally lacking in credibility given
their failure to force Bush to retreat from Iraq despite their mandate
in the 2006 elections where they regained a majority in both houses.
Bush would probably like nothing more in the waning days of his
presidency than calling their bluff.
A Calamity Rooted in History

Events on this scale take decades or even centuries to develop. In
fact such plans may have been in the works at least since the late
1800s, when three world wars were allegedly forecast by such figures
as the celebrated Confederate general and Freemason Albert Pike,
elected Sovereign Grand Commander of the Scottish Rite's Southern
Jurisdiction in 1859.

True to Pike's prediction, 1914-18 saw World War I, which forced the
centuries-old rule of the European landed nobility to accommodate to
the banking elites and to the heads of the industrial cartels which
built the war machines of the combating nations.

According to Benjamin Freedman (1890-1984), an American eyewitness to
events within the Woodrow Wilson administration, Wilson took the U.S.
to war only after being pressured to support Great Britain when the
British agreed to facilitate creation of a Zionist state in Palestine
. The original Zionists, led by Theodor Herzl, had been favorably
disposed to accepting a British offer of virgin land in Kenya , but
the financiers wanted Palestine because of Middle Eastern oil and
proximity to the Suez Canal . The result was the Balfour Declaration
of 1916.

At the end of World War I came the Russian Revolution, when the
financiers paid for the Bolsheviks to destroy the Russian Christian
monarchy of the Romanoffs. Soviet communism was the result. Less than
a generation later another world war was fought, with World War II
ending with the triumph of the U.S. , Britain , France , the Soviet
Union, and China as allies. Afterwards, finance capitalism exerted its
control of the developing world through the International Monetary
Fund and World Bank. According to economist Michael Hudson, the West
declared the existence of a Cold War only after the Soviet Union
refused to accede to U.S. hegemony by joining the IMF. (Michael
Hudson, Superimperialism: The Economic Strategy of American Empire,
2003)

Another major revolution followed World War II, as had happened after
World War I, but this time in China , where the communists under Mao
Tse-Tung took over. In 1948, the nation of Israel was declared, partly
through the instrumentality and wealth of the Third Baron Rothschild,
who was also an MI5 controller and alleged Soviet agent. (See Roland
Perry, The Fifth Man, 1994.)

The key event in how the financial elite gained control over the U.S.
in the postwar world was the 1971 decision by the Nixon administration
to remove the dollar gold peg and allow world currencies to "float."
After the U.S. agreed to the explosion of OPEC oil prices in the
1970s, dollars flooded the world.

In 1979 the Federal Reserve under Paul Volcker plunged the U.S. into
recession to fight the resulting inflation, and the U.S. producing
economy was wrecked. Since that time there has been no real growth of
the U.S. GDP or the standard of living of American workers. Rather a
steady and seemingly irreversible decline has set in under the
euphemistic title of the "service economy." Since the early 1980s
there has been a constant cycle of inflating and deflating asset
bubbles, with the latest episode being the collapse of the housing
bubble following the ruinous housing and real estate inflation
engineered by Alan Greenspan, Volcker's successor as head of the
Federal Reserve.

The result of the bubble economy under the Federal Reserve regime
known as "monetarism" has been a debt overhang on the U.S. producing
economy of $50 trillion, four times the nominal GDP of $13 billion.
There is an additional overhang of more than $500 trillion in
derivative speculation worldwide that many legitimate U.S. investors,
including employee pension funds, have been caught up in.

Severe economic distress usually leads to war, with the elite
financing both sides and using the resulting chaos to redraw the map
to their advantage. We have now had two world wars, and the third
appears to be coming. The end result, according to "conspiracy
theorists," is supposed to be a financial world dictatorship with
Europe's financial and hereditary aristocrats at the top of the heap.
The center of this dictatorship would be Northern Europe, with the
focal point being the two-square-mile financial district known as the
City of London . This group also controls the European Union
headquartered in Brussels .

Then what is left of North America, Asia, Africa, and Latin America
would be tightly controlled colonies inhabited by relatively small
numbers of "human cattle" and their overseers. The advanced
technological execution for the machinery of control and oppression
would be the job of professionals in the field, probably including the
British MI5, the CIA, the Israeli Mossad, and private armed
mercenaries like Blackwater and Halliburton.
Dangers of the Present Moment

Whatever may be the murky background of the financiers' conspiracy of
subversion, what makes the present situation so dangerous is that
entire nations and regions are slipping from their grasp. Russia ,
China , Venezuela , Bolivia , Ecuador , and other nations are becoming
increasingly independent. Meanwhile, as food prices inflate, people in
developing nations are facing starvation, even as Western agribusiness
and oil companies reap record profits. Political upheavals are
inevitable.

It has never been so obvious to so many that Western-style finance
capitalism is ruining the world. An example of the growing awareness
is a new book entitled Currency Wars (Huobi Zhanzheng), written by a
Chinese author who lived in the United States and worked on Wall
Street.

According to Asia Times Online (April 8, 2008), "Currency Wars" has
become a runaway bestseller in China in the past nine months. The book
caused a sensation of interests and heated discussions in Chinese
cyber space and other media on Western intentions behind its demand
that China quickly appreciate the value of its currency. Song
Hongbing, the book's author, draws from a wide range of literature in
English and argues that the modern history of international finance is
primarily a process of how a very small number of powerful families in
the West have established their control over governments and
international institutions.

According to Song, there is no such thing as a free market when it
comes to global finance and financial institutions. From the
Rothschild family at the time of the Napoleonic Wars to the rise of
J.P. Morgan, the Rockefellers, and other prominent U.S. financial
powerhouses, Song sees all the modern wars, depressions, and manmade
disasters having a linkage to the manipulation of a handful of Western
private bankers.

And it's not only in China . Through the Internet, hundreds of
millions of people are wising up to what the central banks and global
corporations run by the world's super-rich are doing to them.

So the financiers are realizing that things are not going their way.
The world is becoming more diverse. Nations, peoples, and regions long
for freedom and security. Science and technology have the potential to
bring about astounding improvements in the standard of living, as well
as individual knowledge and potency.

There is also a worldwide resurgence of nationalism, for example, in
Russia . After that nation overthrew communism in 1991, the
international financiers attempted to move in through the Russian
oligarchs and take control of the nation's resources. But a free
election brought Vladimir Putin to power. He succeeded in producing on
Russian soil a nationalist revolution, which is loathed by the Western
financier press, such as the Washington Post. Russia today is
regaining its identity and independence.

In East Asia , China is threatening to break out of the system of U.S.
dollar hegemony and use its own currency to bring about commercial
stability in the region. In the Middle East, Iran has yet to cave in
to U.S. pressure, the Palestinians still defy Israel , and in other
areas around the world, including Central Asia, Africa, and Latin
America, movements toward indigenous self-governance threaten to upset
the "Washington consensus" and introduce a truly multilateral tenor to
world affairs. The euro is also making inroads as an alternative
reserve currency.

Meanwhile, the American colossus is eroding. The U.S. government, with
almost $10 trillion in debt, has been declared functionally bankrupt
by experts. The domestic economy no longer has a manufacturing sector
worth speaking of. Outside of the financial centers on the east and
west coasts, the nation's business establishment is deeply in debt and
noncompetitive with overseas producers. Public health is declining.

The U.S. financial system began to deflate in the summer of 2007 but
has so far avoided a wholesale crash due to the easy credit policies
of the Federal Reserve in allowing financial institutions to roll over
their debts. This is all likely to terminate after the 2008 election,
when the Federal Reserve stops bailing out the system and real
depression sets in. Simply put, the U.S. population no longer has
anything close to sufficient income to support its accustomed way of
life, especially with the ongoing collapse of the standard of living
due to oil and food price increases.

So the war-mongers may be thinking they must now act before it's too
late-before a worldwide convulsion throws them from their seats of
power. The time for the financiers to set off the next major
conflagration may have arrived. Naïve American politicians are there,
as always, ready to help, perhaps sensing but not really
acknowledging that they have been led into a trap.

The Real U.S. Strategic Interest

If the next big war starts soon it will likely have been triggered in
order to distract attention from our economic woes. Once chaos sets in
there will be food riots and starvation around the world, including in
America . And yes, the police and military are getting ready. The war
will be a handy excuse to lock up people by using the Patriot Acts and
various executive orders signed by President George W. Bush. Canada
and Israel have already signed a joint public safety "partnership,"
which doubtless includes cooperation with the U.S. Department of
Homeland Security.

At this point you would expect American policy-makers to realize that
the U.S. has no strategic interest in maintaining its military forces
overseas in such a vulnerable posture and would start withdrawing. You
would also expect that they would do what President Franklin Roosevelt
did during the New Deal, which was to utilize public credit to rebuild
the U.S. public, and private infrastructure before the economy
collapses altogether.

The fact that none of the mainstream political leaders, least of all
McCain or the Democratic front-runner Obama, has any intention of
taking such decisive action proves that policy is not being controlled
from within the United States . When a person or a nation fails to act
in its own self-interest, there has to be a reason. That reason is
usually that its actions are controlled from outside.

The fact is that the U.S. economy is controlled by international
finance, not by the U.S. business establishment or by our own
political system. So the U.S. cannot change anything, especially in
taking effective and rational measures to get the nation out of debt.
Similarly in the area of foreign and military affairs, the nation
appears unable to backtrack from its march to catastrophe.

So whether the people of this nation want it or not—and a majority do
not—wars are being waged, with the one against Iran likely to be
followed by a general world conflict: the battle for Asia. It will be
the financiers and their personal military forces (chiefly Israel,
which is armed to the teeth with nuclear weapons) who will be left to
pick up the pieces once the U.S. and Russia have reduced each other's
forces to rubble.

Can anything be done? Of course. A U.S. president worthy of the office
would take two immediate actions. The first would be to abolish the
Federal Reserve, as Ron Paul advocates. But instead of hankering for a
Libertarian "free-banking" system more suited to 1830 than to 2008,
"We the People" should demand that our elected representatives in the
White House and Congress use public credit to rebuild our economy and
provide our people with real income security.

The second immediate action should be to stop trying to conquer the
globe militarily on behalf of alien financial and geopolitical
interests. These measures will also allow the governmental tax burden
to be cut radically, because the main purposes of the income tax are
to pay interest on the national debt and finance wars.

It is now time for all genuine American patriots, including those in
the military, intelligence, and political establishments, as well as
students, workers, employees, managers, industrialists, and retirees
to recognize the crisis and step forward fearlessly to defend the real
interests of our country. Increasingly people are coming to understand
that winning the battle for America requires steadfast opposition to
the cabal which holds power and is ready to throw our nation and its
population to the wolves for a bit of vainglory and thirty pieces of
silver.

Unfortunately, it seems to be the way with empires for those in power
to be identified exclusively with their personal self-interest while
the world crashes down around them. People must wake up. The house is
on fire. We can only hope that some still have eyes to see.

Of course everything in Washington could change with a responsible
president who is supported by a new Congress which has the
determination that should be expected after the voters take their
vengeance this November on a Republican Party that Bush, Cheney, and
Rice have tarred with infamy. But then again only if a widened Middle
Eastern war can be prevented between now and then. It could be
prevented if an awakened military loyal to the Constitution refused to
obey the illegal orders of a repudiated lame duck president acting
without congressional authorization.

For the longer-term, we should step back, reassess the geopolitical
outlook, and take the long-overdue step of recognizing who our natural
allies in the world really are. One of these is Russia . Instead of
fighting Russia we should forge a new alliance with that nation with
the aim of securing peace, first in the Middle East and then in the
world.

Richard C. Cook is a former U.S. federal government analyst, whose
career included service with the U.S. Civil Service Commission, the
Food and Drug Administration, the Carter White House, NASA, and the
U.S. Treasury Department. His articles on economics, politics, and
space policy have appeared on numerous websites. His book on monetary
reform, entitled We Hold These Truths: The Hope of Monetary Reform,
will be published soon by Tendril Press. He is also the author of
Challenger Revealed: An Insider's Account of How the Reagan
Administration Caused the Greatest Tragedy of the Space Age, called by
one reviewer, "the most important spaceflight book of the last twenty
years." His Challenger website is at www.richardccook.com. A new
economics website at www.RealSustainableLiving.com is upcoming, with
partner/author Susan Boskey. To get on his mailing list, for questions
and comments, or to pre-purchase copies of his new book, write
EconomicSanity@gmail.com.

WARNING! If any of you there copy the above and use for anything, we will take you to the court of law. Iseheijiro spokesman for Nippon Falcons League
このページのトップへ

ベリーダンサー

belly dancer (Small)

わしら夫婦はね、中東の国の大都市、カイロや、イスタンブール、カサブランカに行くと、「ベリーダンスで、夜食」をすることにしている。それには、大きな理由がある。わが妻には秘密だがな、、クリックで拡大。は、は、は 伊勢平次郎


TIFFANYさんが、「たまには、憲法改正を離れて、ベリーダンスでも見ろ」と、、下は、わしの返事だった、、  
http://www.youtube.com/watch?v=uXvq2ZmCXQo

Hey Bro, I used to take my Italian girlfriend Caroll Mastrocola to Egyptian Garden in midtown NY for Saturday night show. After the midnight show and Middle Eastern dinner which was a lamb roast and coos coos, we went back to my cheap apartment in Bronx by subway. Caroll turned into an animal in my bed, I mean I was raped until dawn. We slept like babies in the Sunday morning light. We were poor hippies but happy lovers. When I left for Hollywood job, she couldn't wait for me and married to a nicer guy who had more steady income and not a drank like I was. I was happy for her. One day, she called me at Columbia Ranch where I was an assistant to Spielberg and told me about her husband. 1978, I was young and fool. Honestly, Nobu

このページのトップへ

「伊勢の素顔」その1

moms day (Small)

「母の日」といわれると、忸怩たる想いあり。わしは「母親ほど、世の中に偉いものはない」と信じている人間だ。わが母は7年前に黄泉の住人となった。その朝、傍らのわしの姉に「もう、みんなを助けてあげられない」と言った。「自分を助けてくれ」と一度もいわなかった人だ。また、「つらい」と一度も言わなかった。この頑健な母の気性は、雪国、出雲・米子の村鍛冶屋の娘に生まれことと関係がある。87年間の「女の闘い」だったが、その生涯を大往生でしめくくった。わしは、ボストンに、ガルブレイス教授を訪問していて、母の死に際に間に会わなかった。

わが母は、6人の子供たちを愛して生きた。また、父の先妻の息子たち、3人も育てたのだ。昭和20年、伊勢志摩のわが家には、9人の兄弟姉妹と父母を足す、11人がいた。そこへ、シベリヤ抑留から復員した叔父夫婦までいた。今は、5人だけとなった。みんな、神隠しのようにいなくなった。この写真は、1942年、満州の新京写真館で撮ったものだ。母28歳。わしは1歳。わしは、母の次男坊。太っていたので、母が前を押さえている。わが母親はね、戦前~戦中~戦後と、逞しく、生きた日本の美しい女性のひとりだよ。「おかあちゃん、有難うね」 伊勢平次郎
このページのトップへ

憲法九条2項改正につき

こういうことをチャットしている。何でも、コメントを下さい。英文のしたに和文が続く。VENOMさんが翻訳されたのです。伊勢

nobu-san, see if you think there is anything in here we could use
(also we would have to check this for accuracy of course):

Despite the nation's status as a major world power, Japan eschewed
responsibility for regional defense. Having renounced war, the
possession of war potential, the right of belligerency, and the
possession of nuclear weaponry, it held the view that it should
possess only the minimum defense necessary to face external threats.
Within those limits, the Self-Defense Forces Law of 1954 provides the
basis from which various formulations of SDF missions have been
derived. The law states that ground, maritime, and air forces are to
preserve the peace and independence of the nation and to maintain
national security by conducting operations on land, at sea, and in the
air to defend the nation against direct and indirect aggression.
The general framework through which these missions are to be
accomplished is set forth in the Basic Policy for National Defense
adopted by the cabinet in 1957; it remains in force. According to this
document, the nation's security would be achieved by supporting the
United Nations Organization (UN) and promoting international
cooperation, by stabilizing domestic affairs and enhancing public
welfare, by gradually developing an effective self-defense capability,
and by dealing with external aggression on the basis of Japan-United
States security arrangements, pending the effective functioning of the
UN.
The very general terms in which military missions are couched left
specifics open to wide interpretation and prompted the criticism that
the nation did not possess a military strategy. In the 1976 National
Defense Program Outline, the cabinet sought to define missions more
specifically by setting guidelines for the nation's readiness,
including specific criteria for the maintenance and operation of the
SDF. Under these guidelines, in cases of limited and small-scale
attack, Japanese forces would respond promptly to control the
situation. If enemy forces attacked in greater strength than Japan
could counter alone, the SDF would engage the attacker until the
United States could come to its aid. Against nuclear threat, Japan
would rely on the nuclear deterrence of the United States. To
accomplish its missions, the SDF would maintain surveillance, be
prepared to respond to direct and indirect attacks, be capable of
providing command, communication, logistics, and training support, and
be available to aid in disaster relief.
The outline specified quotas of personnel and equipment for each force
that were deemed necessary to meet its tasks. Particular elements of
each force's mission were also identified. The GSDF was to defend
against ground invasion and threats to internal security, be able to
deploy to any part of the nation, and protect the bases of all three
services of the Self-Defense Forces. The MSDF was to meet invasion by
sea, sweep mines, patrol and survey the surrounding waters, and guard
and defend coastal waters, ports, bays, and major straits. The ASDF
was to render aircraft and missile interceptor capability, provide
support fighter units for maritime and ground operations, supply air
reconnaissance and air transport for all forces, and maintain airborne
and stationary early warning units.

Disaster relief, GSDF

The Mid-Term Defense Estimate for FY 1986 through FY 1990 envisioned a
modernized SDF with an expanded role. While maintaining Japan-United
States security arrangements and the exclusively defensive policy
mandated by the constitution, this program undertook moderate
improvements in Japanese defense capabilities. Among its specific
objectives were bettering air defense by improving and modernizing
interceptor-fighter aircraft and surface-to-air missiles, improving
antisubmarine warfare capability with additional destroyers and
fixed-wing antisubmarine patrol aircraft, and upgrading intelligence,
reconnaissance, and command, control, and communications. Most of the
goals of this program were met, and the goals of the Mid-Term Defense
Estimate for FY 1991 through FY 1995, although building on the early
program, were considerably scaled back.
The SDF disaster relief role is defined in Article 83 of the
Self-Defense Forces Law of 1954, requiring units to respond to calls
for assistance from prefectural governors to aid in fire fighting,
earthquake disasters, searches for missing persons, rescues, and
reinforcement of embankments and levees in the event of flooding. The
SDF has not been used in police actions, nor is it likely to be
assigned any internal security tasks in the future.

Close up view of the uniform of a Japan Self-Defense Force soldier
serving in Baghdad, Iraq (April 2005).
In June 1992, the National Diet passed a UN Peacekeeping Cooperation
Law, which permitted the SDF to participate in UN medical, refugee
repatriation, logistical support, infrastructural reconstruction,
election monitoring, and policing operations under strictly limited
conditions. The non-combatant participation of the SDF in the UN
Transitional Authority in Cambodia (UNTAC) in conjunction with
Japanese diplomatic efforts contributed to the successful
implementation of the 1991 Paris Peace Accords for Cambodia. In May
1993, fifty-three members of the SDF were sent to Mozambique to
participate in the UN peacekeeping operation there. Nevertheless, the
dispatching of SDF personnel outside Japan's borders remained a
controversial issue, and members of the Democratic Party of Japan
(DPJ), the major opposition party, and other parties in the Diet
continue to oppose the foreign mobilization of SDF personnel, even to
rescue endangered Japanese citizens.
The first overseas deployment without a UN agreement occurred in 2004.
The troops were sent to Iraq as peacekeepers. In 2005 they briefly
assisted the people of Indonesia following the tsunami.
In 2004, the Japanese government ordered a deployment of troops to
Iraq at the behest of the United States: A contingent of the Japan
Self-Defense Forces was sent in order to assist the U.S.-led
Reconstruction of Iraq. This controversial deployment marked a
significant turning point in Japan's history as it is the first time
since the end of World War II that Japan sent troops abroad except for
a few minor UN peacekeeping deployments. As article 9 of the
Constitution of Japan prohibits Japan from using military force except
in self-defense, this intervention is considered by some people to be
illegal.
Public opinion regarding this deployment was sharply divided,
especially given that Japan's military is constitutionally structured
as solely a self-defense force, and operating in Iraq seemed at best
tenuously connected to that mission. The Koizumi administration,
however, decided to send troops to respond to a request from the U.S.
Even though they deployed with their weapons, because of
constitutional restraints, the troops were protected by Australian
forces. The mission is ongoing. Japan has extended the troop mandate
so that they are still in Iraq and are scheduled to stay until at
least December 10, 2007.
6 JGSDF officers have been deployed to Nepal as part of a UN-mandated
peacekeeping effort to enforce a ceasefire between government forces
and communist rebels at the last week of March. As required by Article
9 regulations, they are not to engage in any potential combat
operations.
In a recent press release, Chief Cabinet Secretary Nobutaka Machimura
had stated that discussions with Defense Minister Shigeru Ishiba and
Foreign Minister Masahiko Komura were taking place regarding the
possibility of creating a permanent law for JSDF forces to be deployed
in peacekeeping missions outside Japan.

The Defense Agency, aware that it could not accomplish its programs
without popular support, paid close attention to public opinion.
Although the Japanese people retained a lingering suspicion of the
armed services, in the late 1980s antimilitarism had moderated,
compared with its form in the early 1950s when the SDF was
established. At that time, fresh from the terrible defeat of World War
II, most people had ceased to believe that the military could maintain
peace or serve the national interest. By the mid-1970s, memories of
World War II had faded, and a growing number of people believed that
Japan's military and diplomatic roles should reflect its rapidly
growing economic strength. At the same time, United States-Soviet
strategic contention in the area around Japan had increased. In 1976
Defense Agency director general Sakata Michita called upon the cabinet
to adopt the National Defense Program Outline to improve the quality
of the armed forces and more clearly define their strictly defensive
role. For this program to gain acceptance, Sakata had to agree to a
ceiling on military expenditures of 1 % of the gross national product
(GNP) and a prohibition on exporting weapons and military technology.
The outline was adopted by the cabinet and, according to public
opinion polls, was approved by approximately 60 % of the people.
Throughout the remainder of the 1970s and into the 1980s, the quality
of the SDF improved and public approval of the improved forces went
up.
In November 1982, when the Defense Agency's former director general,
Nakasone Yasuhiro, became prime minister, he was under strong pressure
from the United States and other Western nations to move toward a more
assertive defense policy in line with Japan's status as a major world
economic and political power. Strong antimilitarist sentiment remained
in Japanese public opinion, however, especially in the opposition
parties. Nakasone chose a compromise solution, gradually building up
the SDF and steadily increasing defense spending while guarding
against being drawn beyond self-defense into collective security. In
1985 he developed the Mid-Term Defense Estimate. Although that program
had general public backing, its goals could not be met while retaining
the ceiling of 1 % of GNP on military spending, which still had strong
public support. At first the government tried to get around the
problem by deferring payment, budgeting only the initial costs of
major military hardware. But by late 1986, it had become obvious that
the 1 % ceiling had to be superseded. Thus, on January 24, 1987, in an
extraordinary night meeting, the cabinet abandoned this ceiling. A
March 1987 Asahi Shimbun poll indicated that this move was made in
defiance of public opinion: only 15 % approved the removal of the
ceiling and 61 % disapproved. But a January 1988 poll conducted by the
Office of the Prime Minister reported that 58 % approved the defense
budget of 1.004 % of GNP for fiscal year 1987.
During 1987 the Japanese government reviewed ways in which it could
assist friendly forces in protecting shipping in the Persian Gulf.
Several possibilities were seriously considered, including sending
minesweepers to the gulf. But, in the end, the government determined
that sending any military forces to the gulf would be unacceptable to
the Japanese people. Instead, the Japanese government agreed to fund
the installation of radio navigation guides for gulf shipping.
Appreciation of the SDF continued to grow in the 1980s, with over half
of the respondents in a 1988 survey voicing an interest in the SDF and
over 76 % indicating that they were favorably impressed. Although the
majority (63.5 %) of respondents were aware that the primary purpose
of the SDF was maintenance of national security, an even greater
number (77 %) saw disaster relief as the most useful SDF function. The
SDF therefore continued to devote much of its time and resources to
disaster relief and other civic action. Between 1984 and 1988, at the
request of prefectural governors, the SDF assisted in approximately
3,100 disaster relief operations, involving about 138,000 personnel,
16,000 vehicles, 5,300 aircraft, and 120 ships and small craft. In
addition, the SDF participated in earthquake disaster prevention
operations and disposed of a large quantity of World War II explosive
ordnance, especially in Okinawa. The forces also participated in
public works projects, cooperated in managing athletic events, took
part in annual Antarctic expeditions, and conducted aerial surveys to
report on ice conditions for fishermen and on geographic formations
for construction projects. Especially sensitive to maintaining
harmonious relations with communities close to defense bases, the SDF
built new roads, irrigation networks, and schools in those areas.
Soundproofing was installed in homes and public buildings near
airfields. Despite these measures, local resistance to military
installations remained strong in some areas. John

~~~
(VENOMさんが翻訳してくださった) 5・8・08

*Nippon Falconsのチャット、半分翻訳しましたよ。 VENOM

                              ~~~

ノブさん、この中で、我々の使えると思うものがあるか、見てください。
(もちろん、信憑性をチェックしなきゃならんのは、言うまでもない)

日本は世界の大国であるにもかかわらず、地域防衛の責任を回避してきた。 戦争、戦争する能力、交戦する権利、核武装する権利を放棄して、日本は国外の脅威に対し必要な、最小限の防衛力だけしか持たない、という見方に固執してきた。 その限度内で、1954年の自衛隊法は、自衛隊の任務について多くの形態を定めた。 自衛隊法は、陸上・海上・航空自衛隊が平和と国の独立を守り、地上・海上・上空において直接・間接の侵略から国を守ることで、安全保障を維持する、と定めている。 

こうした任務の一般的な枠組みは、1957年に閣議決定された「国防の基本方針」に述べられているが、それは今でも有効である。 この文書によれば国の安全は、国際連合(UN)を支援して国際協力を行い、福利厚生を図って国内を安定させ、効果的な自衛能力を段階的に整備し、国外の脅威に対しては、国連の機能が有効となるまでの間、日米安保体制にもとづいて対処することにより、達成される。 ここでは、軍事的任務に関する一般的用語は用いられず、具体的事例については幅広い解釈が可能で、国が軍事戦略を持っていない、という批判を受けている。

1976年の「防衛計画の大綱について」によると、自衛隊の整備と活動を細かく定めるなど、国の防衛に関するガイドラインを設定することにより、内閣は国防任務をより詳細に定義したようだ。 このガイドラインでは、限定された小規模な攻撃を受けた場合、自衛隊は直ちに出動し、事態を把握することになっている。 敵がさらに強大な攻撃を仕掛け、日本がそれに独力で対処しきれない場合、米軍の来援まで、自衛隊が敵と交戦する。 核の脅威に対しては、日本はアメリカの抑止力に依存する。

こうした任務を遂行するため、自衛隊は常に警戒を怠らず、直接・間接の攻撃に備えて、災害救助に備えて指揮・通信・補給・訓練能力を維持している。 陸海空自衛隊の人員と装備に関し、大綱が定めた枠は、そうした任務の必要性を満たしている、と見なされている。 陸海空自衛隊の任務もまた、具体的に定められている。 

陸上自衛隊は、地上の侵略と国内治安の脅威から国を防衛し、国内のどこにでも展開でき、また陸海空全ての自衛隊の基地を防衛する。 海上自衛隊は、海の侵略に対処し、機雷を掃海し、周辺海域を警戒観察し、沿岸・港湾・内海・主要海峡を防衛する。 航空自衛隊は、航空機とミサイル迎撃機能を提供し、海上および陸上作戦に支援戦闘機部隊を協力させ、航空機による偵察と輸送を陸上・海上自衛隊に提供し、空挺輸送と地域の早期警戒能力を持っている。

陸上自衛隊、災害救助

1986~1990年度における中期防衛力整備計画は、より範囲の広い役割に向け、自衛隊を近代化させることを目的としていた。 この計画は、日米安保体制と、憲法で許された範囲内で、防衛的なものに限定された政策を維持しつつ、日本の防衛能力の改善を、穏健な形で進めるものだった。 その主眼は、迎撃戦闘機と地対空ミサイルを近代化して防空能力を向上させ、駆逐艦と固定翼の対潜哨戒機を増強して対潜水艦作戦能力を向上させ、情報・偵察・指揮・統制・通信能力を改善することだった。 この計画におけるほとんどの目標は達成され、さらに1991~1995年度における中期防衛力整備計画は、以前の計画の上に立って再評価しなおしたものだ。

自衛隊の災害救助任務は、1954年の自衛隊法第83条に定められているが、自治体首長の援助要請にもとづき、火災、地震、行方不明者の捜索と救助、洪水時の堤防補強などの支援に、部隊を出動させるものだ。 自衛隊は警察行動に用いられたことはなく、将来も国内治安任務に用いることは、そう簡単ではないだろう。

イラクのバグダッドで任務につく日本自衛隊員の制服(2005年4月)
1992年6月、国会は「国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律」を決議し、自衛隊が国連の医療・難民保護・物資輸送・インフラ再建・選挙監視・および非常に限定された条件化における警察活動、などに参加することを可能にした。 カンボジアの国連暫定統治機構(UNTAC)に対する自衛隊の非戦闘任務への参加は、日本の外交努力もあって、1991年の「カンボジア和平パリ協定」の効果的な履行に役立った。

1993年5月、53名の自衛隊員がモザンビークに派遣され、現地における国連PKOに参加した。 にもかかわらず、自衛隊を国外に送ることはいつも議論の種となり、日本の最大野党である民主党、および他の野党は、たとえそれが日本国民の救助であったとしても、自衛隊を海外展開することに反対し続けている。 始めて国連決議抜きで自衛隊が海外へ行ったのは、2004年のことだった。 自衛隊の部隊がイラクにおける平和維持活動に派遣されたのだ。 2005年にはインドネシアへ、津波の被害を受けた人々を支援するため、短期間派遣された。

2004年、日本政府はアメリカの要請に応え、自衛隊をイラクに展開させる決定を下した。 日本自衛隊から選抜された兵士たちが、アメリカの主導するイラク復興事業を支援するため、派遣された。 この派兵は多くの議論を引き起こしたが、日本が第二次大戦後、わずかな国連PKOを除けば、始めて海外派兵を行った、という点で日本の歴史における明らかな転回点となった。 日本の憲法第9条は、自衛目的以外に軍を使用することを禁じており、多くの人々はこの派兵を憲法違反だと考えた。

この派兵に関して日本の世論は真っ二つに割れ、特に憲法上、自衛隊は自衛のためだけにあり、イラクでの活動はその任務にほとんど関係ない、とする意見が強かった。 (続く)

                              ~~~

(続き)
しかし小泉政権はアメリカの要請に応えて、部隊の派遣を決定した。 彼らは武器を持って派遣されたにもかかわらず、憲法上の制約によって、オーストラリア軍に守ってもらわねばならなかった。 彼らの任務は継続中である。 日本は派遣期間を延長し、少なくとも2007年12月10日までは現地にとどまることになる。 3月末、日本陸上自衛隊の将校6名が、ネパール政府軍と共産主義者との停戦を進める国連PKOの一部として、ネパールに派遣された。 彼らは憲法9条の制約によって、戦闘の可能性のある任務につくことはできない。

最近の発表によると、町村信孝官房長官は石場茂防衛大臣や高村雅彦外務大臣と協議し、自衛隊を国外のPKO活動に派遣する恒久法の制定可能性について話し合ったとのことだ。 防衛省は、国民の支持がなければそうした任務を達成することはできないことを承知しており、世論の動向には常に注意を払っている。 

日本国民は、軍隊に対する根強い猜疑心からなかなか逃れられないが、1950年代初頭に自衛隊が創設された頃と比べれば、1980年代後半には一般の軍隊嫌いがずいぶん沈静化した。 1950年代にはまだ第二次大戦の恐ろしい敗戦の記憶が生々しかったため、多くの国民は軍が平和を維持したり国益を守ることができるなどと信じるのは、もうやめていたのだ。 1970年代中盤までに、第二次大戦の記憶はかなり薄れ、新しい世代は急速に発展する経済力が、日本の軍事力と外交的役割にも反映されるべきだと考えるようになった。 

その頃の米ソの対立は、日本周辺における緊張を高めていた。 1976年、坂田道太防衛庁長官は、「防衛計画の大綱について」を閣議承認するよう求めた。 その内容は、自衛隊を増強し、防衛だけに限定されたその役割を、より厳密に定義するべきだという内容だった。  この大綱は認められ、坂田長官は国民総生産(GNP)の1%以下という軍事費上限枠および、武器・軍事技術の輸出禁止に合意した。 

この大綱は閣議で認められ、世論調査でも国民の約60%の支持を得た。

1970年代から1980年代初頭に掛けて、自衛隊の質は向上し、精強な軍隊という認識が広まった。 1982年11月、防衛庁長官の経験者である中曽根康弘が、総理大臣となった。 彼はアメリカおよび他の西側諸国から、政治経済大国としての日本が、よりはっきりとした防衛政策を打ち出すよう、強い圧力を受けていた。 しかし日本の世論、特に野党勢力には強い反軍感情が残っていた。 中曽根は妥協策を取った。 集団安全保障に加わって自衛の領域を超えることのないよう慎重に望む一方で、段階的に自衛隊を増強し、防衛予算を引き揚げたのだ。 1985年、彼は「中期防衛力整備計画」を発表した。 この計画は一般的に世論の支持を得ていたが、防衛予算がGNPの1%という上限枠もまた世論の強い支持を得ており、その枠内では計画の目標を達成できなかった。

当初政府は、主要防衛装備の初期経費だけを予算計上し、支払いを先延ばしすることで問題を回避しようとした。 しかし1986年後半までに、GNP1%枠を守ることが無理なのは、誰の目にも見えるようになった。 かくして1987年1月24日、異例の夜間閣議において、政府は1%枠を撤廃した。 1987年3月、朝日新聞の調査では、この動きが世論に反するという結果が出た。 1%枠の撤廃を支持したのは15%に過ぎず、61%がそれを承認しなかったのだ。 しかし1988年1月の内閣府による調査では、1987年度予算における防衛費がGNPの1.004%だという事実を、58%が承認するようになった。

1987年を通じて日本政府は、ペルシャ湾の海上ルートを守る同盟軍を、どうすれば支援できるか、その方法を探っていた。 掃海艇の派遣を含め、多くの選択肢が真剣に検討された。 しかし最終的に政府は、ペルシャ湾への部隊派遣は国民の支持を得られない、という結論を下した。 その代わり政府は、ペルシャ湾の航路に電波標識を設置する費用を負担することにした。

1980年代に自衛隊が成長し続けたお陰で、1988年の調査における回答者たちは、76%以上が自衛隊に肯定的な評価を下した。 ただし多くの回答者(63.5%)は、自衛隊の第一の目的は国の防衛であり、より多くの回答者(77%)は、自衛隊の最も有益な機能は災害救助だとした。 そこで自衛隊は、その多くの時間と人員・装備を災害救助やその他民間支援に振り向けた。 1984年から1988年に掛け、自衛隊は各自治体首長の要請に応じて、3100件の災害救助活動を行った。 それには人員138,000名、車両16,000台、航空機5,300機、艦艇120隻が用いられた。

さらに自衛隊は、地震被害軽減活動や、特に沖縄において、第二次大戦で用いられた不発弾処理に活躍した。 またスポーツ競技への協力や毎年の南極観測事業、漁民のための流氷観測、建設事業における地理的観測など、公共の役に立つ事業に協力した。 特に神経を使ったのは、自衛隊基地周辺の地域共同体と協調関係を維持することだった。 そこで自衛隊は地域のために、道路や灌漑水路、学校などを建設した。 航空基地の周辺では、民家や公共建物に防音設備を施した。 こうした努力にもかかわらず、いくつかの地域ではまだ、軍事施設への反対が根強く残っている。 ジョン・ティファニー (以上、翻訳 Venom)

VENOMさん、有難うね。伊勢


このページのトップへ

Needed: A Combined Force of U.S. and Japanese Military

Kitty Hawk and Japan's Navy 12.2.07

Not only annual joint manuevers, we can combine the two great giants to patrol Pacific for years. We will never allow the Chinese submarines or else to invade into our territory again.

**伊勢と、TIFFANYさん共著のために、GOOGLE・チャットで、作文されていく。加筆~訂正~削除~入れ替えが、全部原稿が揃ってから行われる。例えば、伊勢は「沖縄少女レイプ事件」を削除したい。TIFFANYさんは良心的な性格だ。米政権を批判したい。だが、「アメリカを説得する」という主旨から逸脱するものは、省くべきだ。つまり、編集は先のこと。この文章が最終ではないし、何番目の章かなども未定です。口実めくが、このペアは、74日が経ったに過ぎない。まだ、お互いの頭の中が見えない。現在、こういった作業をやっているということです。英文の下に和訳(VENOMさん)があります。みごとな翻訳です。有難う。**

                         ~~~

Needed: A Combined Force of U.S. and Japanese Military

Once again in recent weeks, American GIs raped an Okinawan girl—this one from junior high. All military personnel were confined to base, but is this sufficient? This incident is only the tip of the iceberg. Just the other day, two more schoolgirls were raped by GIs. Girls as young as 12 and 14 years old, elementary school children, are being kidnapped and raped. The people of Japan are, naturally, angry. Americans should feel the same, and most do. But what to do about the problem? Something is needed beyond a “quick fix.”

Dozens of crimes have been committed by U.S. servicemen in Okinawa. In some cases, the criminals were not punished and the U.S. military let them go freely back to the United States.

Members of the U.S. military may imagine they are protecting Okinawa, but who will protect Okinawa from rogue American sailors Marines and soldiers?

The time has come for the combined forces of America and Japan to act. These forces should be reconstituted as a North Pacific Treaty Alliance (NPTO), similar to NATO. There is a full spectrum of missions that NPTO joint forces may be called upon to do together, from complex contingencies to humanitarian assistance. Among these, is the patrolling of Okinawa by a Special Defense Force, of combined U.S. and Japanese military elements, to prevent further outrages.

Additionally, there is the very serious and growing threat of China to consider.

The great Chinese philosopher Confucius1 is rumored to have once blessed someone with the wish, “May you not live in interesting times.” (Like most sayings attributed to Confucius he probably never said any such thing in reality.) Yet America and Japan are at a very “interesting” (i.e., dangerous) juncture.

Sun Tzu is the legendary ancient Chinese military philosopher (544-496 B.C.) whose supposed work, The Art of War, was supposedly “translated” into French by the Jesuits (although some say the Jesuit J.J.M. Amiot wrote it from scratch).2 Be that as it may be, Art of War is often quoted by American military experts. Whoever authored the book wrote: “One who is not acquainted with the designs of his neighbors should not enter into alliances with them.”

Today, we are told, America is the world’s only superpower. The USSR has collapsed, and the new Russia is not so hostile to America and its allies, including Japan, we are assured. Bilateral trade between China and Japan reached U.S. $207.36 billion in 2006, up 13 percent from 2005, China News Service reported. China is also a major trading partner of America, and we are supposed to believe that trade with America and Japan will cause her to become increasingly capitalistic and eventually, someday, democratic. But are we being led down a primrose path to perdition with these optimistic arguments?

The only real threats to America and Japan today, according to the neo-conservatives, are North Korea and a few countries in the Middle East that allegedly support “terrorist organizations.”

However, a sober look at the situation reveals a different picture. Such groups as the Taliban in Afghanistan were never a threat to America.

Osama bin Laden of al-Qaeda, and his fellow cave-dwelling camel riders, are essentially creations of the CIA and serve as a diversion, while U.S. establishment conspirators were clearly behind such “false flag” incidents as the horrible crimes of 9-11, which served George W. Bush so conveniently as a pretext for his cabal’s war plans against Afghanistan and, weirdly enough, Saddam Hussein al-Tikriti of Iraq, who had never been shown to have had anything to do with any crime against the United States, with the possible exception of understandably seeking the assassination of George Bush Sr., who was known as a terrible enemy of Saddam and Iraq.

Are Iraq and Afghanistan occupied by U.S. forces merely for the convenience of Israel and/or to give the Bush mob greater access to oil and war profits? Despite numerous red herrings, there seems no other reason for what the U.S. government has been doing, with support from its ally, Japan.

Meanwhile, a very real boogeyman is apparently being overlooked: Communist China.

As Paul Craig Roberts said in a column about the China threat:


. . . [A]s a student of history, and a former intelligence analyst, I see another world growing up around us—one the media ignores, the politicians refuse to recognize, and one of which the American people remain ignorant. It is a world in which we are surrounded, being infiltrated and readied for invasion.


chinese empire is growing

The Chinese have created an empire with their conquest of Tibet and parts of Turkestan, and clearly have designs on other territories, starting with their claims to the possibly oil-rich South China Sea. They have been raising their war making budget (let us not be so unrealistic as to euphemistically call it a “defense” budget) by an average of 17 percent per year for several years now, buying up the latest Russian attack fighter planes, helicopter aircraft carriers and other offensive weapons used to project power and spread intimidation. And why else is China creating a giant copy of the elite U.S. Marine Corps, if not to land troops on foreign beaches, starting, perhaps, with Taiwan’s?

China has never had marines in the past—a form of military that has no role in defense but is purely offensive in nature.

Meanwhile we have seen the China Ocean Shipping Company (COSCO), which is the merchant marine arm of the Chinese navy, taking over the vital-to-America Panama Canal, basically given away to this hostile power by the Bill Clinton administration. America’s ability to move our eastern fleet and supply our Pacific fleet has been completely compromised.

China has no conceivable legitimate interests in that part of the world, and her actions there, which include building missile silos, can be seen as an attack on America. Remember when Ameican conservatives were concerned about Cuba as a Soviet ally, being located only 90 miles from Florida? Who can forget the Cuban Missile Crisis of yesteryear, which nearly led to World War III?

China, with remarkably little fanfare, has established a huge transshipment center in Freeport, Bahamas, just off the Florida coast. There has been little word about this key event in the establishment press. But this vast complex contains some of the largest cranes in the world. There are hundreds if not thousands of Sealift containers the size of “semi” trucks being stored there. What is in those containers—military hardware? The thinking man cannot help but be reminded of Diego Garcia, America’s forward deployment base in the Indian Ocean.

In the military realm, the easiest thing to move is troops. Harder to move is materiel. Troops can simply march onto a ship or airplane. Forklifts, cranes and manpower are needed to move supplies. By “forward deploying” its materiel, a military power is logistically about half a battle ahead of the game.

Furthermore, Freeport is by no means the only position for possible Chinese forward-deployment stocks. There are reports of COSCO ships unloading in Mexico and Canada. Worse, they even have several ports inside the U.S.

A few years back you may have read of a shipment in a Sealift container that came into Long Beach, California. Surprisingly, this happened to be intercepted, and it turned out to be loaded with AK-47s and other machineguns, grenades and explosives. We were told it was probably being smuggled in to supply “street gangs.” Only a fool would believe this shipment was intended for mere hoodlums, who do not even prefer such forms of weaponry. And we may never know how many other similar shipments have come into America without being detected or intercepted. Can the Chinese army now come into America and arm themselves after their arrival from pre-positioned arsenals?

Manwhile, another maritime incident in the waters of the East China Sea near Okinawa again inflamed Sino-Japanese relations. On November 10, 2004, a Chinese People's Liberation Navy (PLN) submarine entered Japanese territorial waters near Taramajima Island, part of the Miyako Islands chain in Okinawa Prefecture. Sonar recordings made it clear that the intruder in Japanese territorial waters was a Chinese PLN Han-class nuclear submarine with a displacement of 5,550 tons, the first domestically produced nuclear submarine in China.

Where are America’s and Japan’s intelligence agencies in all of this? Are they asleep at the switch?

how communists fight

To understand what is happening today, says Roberts, one must understand certain tenets of modern warfare as perfected by communist military thinkers. These include:

• Infiltrate the enemy country with advance forces and spies;

• Pre-position supplies close to the anticipated battleground;

• Destroy the enemy’s will to resist;

• Destroy the enemy population’s morals and morale;

• Sow confusion among the enemy population;

• Cut lines of communication and/or control all information and media outlets;

• Create diversions;

• Destroy the enemy’s capability to wage war;

• Reduce or destroy the enemy’s military bases;

• Strike only when ready and when the enemy is at his weakest;

• Attack on many fronts.

How many of these have already been implemented by China against America?

China until the mid-1970s was a second-rate military power, whose only real strength lay in sheer numbers of human cannon fodder. (You will recall her human-wave attacks in Korea and Vietnam.) At that time, she was already a threat to her neighbors. But over the past few decades, she has transformed herself into a modern, well-equipped military, ready to do battle on a global scale. Of course, China still is a leader in the area of cannon fodder; thanks in part to her disgusting and criminal habit of destroying female babies, which has resulted in a huge reservoir of superfluous males. These men might well be motivated to take over lands such as Japan and America, in part to gain sexual access to our women. (Our men would then be in line for extermination.)

insidious empire

With at least 2,000 years of statecraft to guide her (leaving aside occasional bouts of insanity among her top leaders), China knows how to be insidious. Unlike the Russians, she has built up her modern military very quietly, seeking not to draw attention to her efforts.

The Chinese leaders have never wavered from their goal of destroying Japan, America and any allies. And Americans and Japanese consumers, it must be said, have helped them toward that goal by buying Chinese products, often made by political prisoner slaves, Chinese peons (who are little better off than slaves), and the Chinese People’s Army.

Here are some recent events that have strengthened China’s military position while weakened America’s ability to resist:

The giveaway under President Jimmy Carter of the Panama Canal. China now has total control of who uses it, what ships can come and go, and who can disembark from those ships in Panama (such as Chinese males of military age, who can disappear into the hinterlands and later surface in Mexico, next to our southern border).

President Bill Clinton gave China “most favored nation” trading status, opening our markets to slave-made goods, which of course destroyed many American companies and cost the United State untold thousands of jobs, an ongoing disaster. At the same time we turned our back on longtime ally Taiwan to appease the Reds.

LA AS Ground zero

Also under the Clinton administration, aerospace giant Loral Space & Communications, Hughes Electronics Corp. and Boeing Satellite Systems were allowed to sell China missile technology and guidance systems for “communications satellites.” Months later we were told China now bragged of being able to deliver a nuclear warhead to Los Angeles.

And again under Clinton’s watch, Chinese spies were discovered at Los Alamos and in other places, some of whom stole nuclear secrets for the People’s Army.

While all of this was happening, America’s southern border began to be invaded by massive numbers of undocumented aliens. This is continuing under the Bush administration. Besides Mexicans, we now have many reports of Middle Easterners and other Asians, Central Americans and others, coming unhindered into the United States.

In another act of war, Chinese fighters in early 2001 forced down an unarmed U.S. Navy reconnaissance plane 60 miles out over international waters, then held the crew captive for three weeks. When they finally released the plane, the Chinese demanded humiliatingly that it be broken up and transported off Hunan Island by a Russian, not American, cargo plane. This “Pearl Harbor” event received little coverage in the establishment media.

And meanwhile, thanks to the George W. Bush administration, American troops have been overextended to expand his oil empire. America is stretched thin with the wars in iraq and Afghanistan, giving the nation little ability to defend Japan. Consequently it is more and more important now for Japan to stand upon her own two legs, militarily.

Bases of the American “Roman Legion” multiply in Central Asia, while at home America’s military faces a continuing builddown by closing U.S. bases, cutting the number of aircraft in our squadrons and the ships in our fleets. War stocks are being depleted by using them against helpless civilians in the Middle East without restocking. And American reserves and National Guard have been tied up in permanent overseas missions. It is a recipe for disaster.

As Roberts puts it, “There ain’t no one home watching the chickens, and the wolf is prowling the broken fence line.”

moral decay

The Art of War says that “When a leader is morally weak and his discipline not strict, when there are no consistent rules, neighboring rulers will take advantage of this.”

We can see the moral decay of both Japan and America all around us. Any hedonistic society is doomed to extinction, as history verifies. Remember the decline and fall of the Roman empire. And the Chinese, who have been around for 5,000 years or so, have studied history.

China could also attack Japan and/or America directly. Admittedly, China does not have a strategic bomber, although she does have a nuclear submarine fleet. She also has 50-100 nuclear bullets (ICBMs) with America’s name on them and the capacity to create another five-10 per year. Three times, various Chinese military officers have threatened to nuke Los Angeles over the Taiwan question.

According to Bill Gertz in The China Threat: How the People’s Republic Targets America (Regnery Publishing, Inc.; 2000), China has been preparing for war against the United States for some 30 years. The American government with its corruption, greed, and stupidity, has made it easy for China so far.

The possibility also exists that another scenario will develop (they are not mutually exclusive). In this scenario, the forces of China “come to our rescue.” Envision this: our military, as overextended as it is, is tied down in Iraq, Afghanistan and, perhaps, in the near future, Iran and/or Syria. Americans still have troops trapped in South Korea, Germany and scores of other places around the world.

Suppose a major terrorist event happens—or a series of them—such as the detonation of mini-nukes in U.S. cities, release of a biological weapon starting a plague, or some other spectacular attack.

The scenario has the U.S. government calling upon the UN to provide military, humanitarian and law enforcement relief. The only army big enough to provide the needed “protection” is Red China’s.

It is high time for Japanese and Americans to look past expectations for quick financial gain from trade with China, to confront the reality of China’s empty promises on missiles and nuclear proliferation, to understand her unfriendly intentions toward our two nations, and to realize the Beijing rulers’ utter lack of interest in democratic reform or human rights.

A combined force, a Pacific equivalent to NATO, would counterbalance this threat from China, as well as the threat from North Korea. Together, the Japanese and U.S. navies could patrol the Pacific Ocean, keeping the region safe for the peoples of all the many lands involved.

Drafted by HEIJIRO ISE / JOHN TIFFANY May 1, 2008

BIBLIOGRAPHY:

Gertz, Bill, The China Threat, Regnery, 2002.


Timperlake, Edward, Red Dragon Rising: Communist China’s Military Threat to America, Regnery, 1999.


Timperlake, Edward, Year of the Rat: How Bill Clinton Compromised American Security for Chinese Money, Regnery, 1998.


** Copy right strictly reserved. Thou shall not copy any of the lines and the concepts.**


日米合同軍

― 毎年恒例の合同訓練ばかりでなく、我々は今後数年にわたり、二人の巨大な軍事力を太平洋の警戒に送り出すことができる。 我々は、決して中国その他の潜水艦が、我々の海域を侵すことなど容認しない。 ―

日米合同軍の必要性

またしても最近、沖縄駐留の米兵が、沖縄の少女に暴行を働いた。 まだ中学生だ。 米軍人は全て基地からの外出を禁じられたが、それで十分だろうか? この事件は氷山の一角に過ぎない。 以前にも2人の小学生が、まだ12歳から14歳だったが、連れ去られ暴行された。 当然のことだが、日本人は怒った。 アメリカ人も怒りを共にすべきであり、事実そうした。  しかしこの問題をどうすべきか? 応急の処置だけでなく、根本的な対策が求められている。

沖縄駐留の米軍人は、過去数十件もの犯罪を犯している。 そのうち何件かは処罰も受けず、米軍当局によって米本土へ送還されただけだった。

米軍人たちは、自分たちが沖縄を守っていると考えているだろう。 しかし、乱暴なアメリカの水兵や海兵や陸兵から、誰が沖縄の人々を守ってくれるのか?

今や、日米合同軍が活動すべきときだ。 日米両軍はNATOのように、「北太平洋条約機構」、うなわちNPTOを結成すべきなのだ。 NPTO合同軍として共に果たすべき任務は、偶発的事態に備えることから、人道的支援に至るまで、多岐に渡る。 その中には、不祥事の再発を防止するため、日米合同の部隊が沖縄の町や村をパトロールすることも含まれる。

さらに、日々大きくなる中国の深刻な脅威も、考慮しなければならない。 中国の有名な哲学者である孔子は、前途ある若者を祝福してこう言った。 「楽しい毎日だけを送ってはならない。」 (孔子が実際にそう言ったかどうかは分からないが、ともかくそう伝えられている) 日米両国は、依然として「楽しい」(ある意味危険な)毎日だけを送っている。

孫子(紀元前544-496)は、中国の伝説的な軍事哲学者だ。 彼の軍学書は、イエズス会によってフランス語に「翻訳」された。(イエズス会のJ.J.M.アミオットが、その断片を寄せ集めて創作した、という説もある) いずれにせよ孫子の兵法は、多くのアメリカの軍事専門家によって引用されている。 実際に書いたのが誰にせよ、「諸侯の謀(はかりごと)を知らざる者は、予め交わること能わず」 (周辺諸国の考えを知っておかなければ、事前に同盟することなどできない) である。

今日、アメリカは世界唯一のスーパーパワーだと言われている。 ソ連が崩壊し、新生ロシアはアメリカの敵対国どころか、日本と同様の同盟国だと言われている。 中国の通信社によると、日本と中国の貿易額は、2006年度には2千73億6千万米ドルに達し、前年度と比べて13%増加した。 中国はまたアメリカに取っても主要な貿易相手だ。 日米との貿易取引は、中国を徐々に資本主義側に引き寄せ、いつの日か中国を民主化させるだろうとも言われている。 しかし我々は、こうした楽観的な見方によって甘い夢を見せられながら、やがて破局へ向っているのではないだろうか?

ネオコンたちによると、日米両国に取って唯一現実の脅威は現在北朝鮮と、中東の2~3の国、いわゆる「テロリスト支援国」なのだそうだ。

しかし、落ち着いて状況を見ると、別の絵が見えてくる。 アフガニスタンのタリバンのような団体は、決してアメリカの脅威にはならない。

アルカイーダのオサマ・ビン・ラーディンと仲間のラクダ乗りたちは、実質的にCIAが作り出したものだ。 そしてジョージ・W・ブッシュ大統領がアフガニスタンへ謀略戦争を仕掛けたとき、その便利な口実として用いた、あの9.11テロ事件の背後に、明らかにアメリカ中枢部が共謀者として隠れていたそのとき、ビン・ラーディンたちはCIAの別働隊として働いていた。 またおかしなことに、イラクのサダム・フセインが、イラクの宿敵であった先代のジョージ・ブッシュ父の暗殺計画を企てたかも知れないという例外を除けば、アメリカに害をなした形跡は全くなかったのだ。

イラクとアフガニスタンを米軍が占領していれば、イスラエルに都合が良いだけでなく、ブッシュ一味が石油資源や軍需利益を容易に手にすることができるのだろうか? プンプンと臭い匂いはしてくるが、アメリカ政府が同盟国である日本の助けを借りて、そうする理由は他に見当たらないようなのだ。

とにかく見えている明らかな敵は、共産主義の中国だ。 ポール・クレイグ・ロバーツは、中国の脅威についてコラムでこう書いている。

「歴史の学徒として、また元情報分析官として私には、我々の周囲に広がりつつある、もう一つの世界が見える。 メディアは取り上げず、政治家は認めることを拒否しており、アメリカ国民は無視していることの一つだが。 我々が直面するその世界とは、侵略にさらされているということである。

成長する中華帝国

中国は、チベットとトルキスタンの一部を征服して、一大帝国を築き上げた。 石油の眠る南シナ海の領有主張を手始めに、恐らくは他の地域にもその手を伸ばすだろう。 彼らは戦争のために過去数年間、軍事費を毎年平均17%増大させてきた。(それを遠まわしに「国防予算」だなどと呼ぶほど、現実から目をそらしてはいないつもりだ) そして兵力を広く展開し、脅迫に用いるため、ロシアから最新の戦闘攻撃機やヘリ、航空母艦など、多くの攻撃用兵器を購入してきた。 また中国が米海兵隊をそっくり真似た、大規模な部隊を作っている目的は何だろう? どこかの海岸に部隊を上陸させるためか? それが外国の海岸でないのなら、ひょっとして台湾の海岸では?

中国は今まで、防衛用には役に立たず、純粋に攻撃用の部隊である海兵上陸部隊を保有していなかった。

しかし最近、中国海軍の商船部隊である、「中国遠洋物流有限公司」(COSCO)が、ビル・クリントンの許可を得た結果、アメリカに取って最重要なパナマ運河の経営権を握ろうとしている。 米海軍が大西洋艦隊を太平洋へ移動させ、太平洋艦隊に補給を行う能力は、全く危うくなった。

中国は、世界のそうした地域に何ら合法的利害を持たない。 そうした地域において中国が、例えばミサイル基地を建設するなどの動きに出た場合は、アメリカに対する攻撃と見なされる。 フロリダから90マイルしか離れていないキューバに、ソ連の同盟国として、アメリカの保守派がどのような関心を抱いたか、思い出すべきだ。 もう少しで第3次大戦となりかねなかった、あのキューバ・ミサイル危機を忘れる者がいるだろうか?

中国は、フロリダと目と鼻の先にあるバハマ自由港に、大規模な荷扱いセンターを建設したが、異例なことにファンファーレも鳴らさなかった。 この一大イベントについて、メディアはほとんど報じなかったが、この巨大な設備は、世界最大のクレーンを何基か保有しているのだ。 そこには何百個、何千個もの、中型トラックサイズの海上コンテナが置いてある。 このコンテナは何のためか? 軍用の装備品? 考えても答えは出ないが、まるでインド洋にある米軍の事前集積基地、ディエゴ・ガルシアを想起させるには十分だ。

軍事の領域においては、最も移動が簡単なのは兵員だ。 装備品は移動に手間が掛かる。 兵員ならば、輸送船や輸送機に歩いて乗り込むだけで済む。 補給品や装備は、フォークリフトやクレーンで、あるいは人力で積み下ろしせねばならないのだ。 そうした装備を「事前集積」しておけば、戦闘において補給面で一歩先を制することができる。

それにバハマ自由港は、中国の唯一の事前集積基地ではない。 COSCOの船舶が、メキシコやカナダで積荷を下ろしている、との情報がある。 さらにまずいいことに、アメリカの港でも何箇所か、荷下ろしを行っているのだ。

何年か前、カリフォルニアのロングビーチに入ってきた海上コンテナについて、聞いたことがおありだろうか。 驚くべきことに、そのコンテナを検査してみると、AK-47その他の機関銃、手榴弾その他の爆発物が積み込まれていたのだ。 恐らくそれは、犯罪組織の仕入れた武器類だろう、と報じられた。 しかしそれほどの武器類が、単に街のチンピラが使うためだったと信じるのは、愚か者だけだ。 同様のコンテナが、検査をすり抜けて、いったい何個アメリカに運び込まれたのか、知る術はない。 今や中国陸軍がアメリカに入国し、事前集積しておいた武器庫へ行って、武器を身につけることができるのだろうか?

そして、日中関係を緊張させるもう一つの事件が、沖縄近くの東シナ海で起こった。 2004年11月10日、中国人民解放海軍(PLN)の潜水艦が、沖縄県・宮古島諸島の一部である、多良間島近くの日本領海に侵入したのだ。 ソナーの記録によれば、日本領海への侵入者は、中国海軍が最初に国産化した原子力潜水艦である、5500トンの「漢」(ハン)級原潜であることが明らかとなった。

その間、アメリカと日本の情報機関はどこにいたのか? ちょうど交替時間で眠っていたのか?

共産主義者の戦い方

ロバートは言う。 現在何が起こっているのか知るためには、共産主義の軍事戦略家が考える、現代戦の教義を理解する必要がある。 例えば、

 - 先行部隊とスパイたちを、敵国内に潜入させておく。
 - 想定した戦場の近くに、補給品を事前集積しておく。
 - 敵の抗戦意欲をくじく。
 - 敵国における、民間人の規律と士気を打ち砕く。
 - 敵国における、民間人に混乱を生じさせる。
 - 通信線や情報の中心、メディア施設を遮断する。
 - 迂回ルートを作る。
 - 敵の継戦能力を打ち砕く。
 - 敵の軍事基地を破壊したり、能力を低下させる。
 - 敵が弱っているときにだけ、十分準備を整えてから攻撃する。
 - 多くの戦線で、同時に攻撃する。
 
中国はアメリカに対し、このうちいくつ、既に実行しているだろう?

1970年代中盤まで、中国軍は二流の軍事力だと考えられていた。 彼らの唯一の強みは、爆弾を背負った数多くの特攻隊を送り出すことが可能なことだった。(朝鮮戦争やベトナム戦争における、人海戦術を思い出す人もいるだろう) 当時でも、中国は周辺諸国に取って脅威だった。 しかし20年がたち、中国軍は優れた装備を持ち、近代的な、地球規模で戦闘可能な軍隊に成長した。 爆弾を背負った特攻隊の分野では、中国軍は今でも第一人者だ。 中国において、女子の赤ん坊を殺してしまう、あの胸の悪くなるような犯罪的習慣のお陰で、余分な男子人口が有り余っているからだ。 こうした嫁のきてのない男たちに、アメリカや日本に行って、自分の女を手に入れろ、とそそのかすのは容易なことだろう。 (そのとき日米の男性は、処刑を待つ行列に並ばされているのだ)

抜け目ない帝国

少なくとも2000年の歴史(ときおり最高指導者が、異常なふるまいを見せたことはさておき)を通じ、中国はいかに抜け目なく振舞うかを学んできた。 ロシア軍とは違って中国軍の近代化は、周辺の注意を引かないよう注意しながら、静かに行われた。

中国の指導者は、日本・アメリカおよびその同盟国を打倒する、という目標を決して取り下げなかった。 そしてアメリカと日本の消費者たちは、中国製品を買うことによって、その目標に近づくことを助けてきた。 そうした中国製品は、往々にして政治犯の奴隷労働や、日雇い労働者(奴隷よりは多少ましな立場)、そして中国軍兵士たちが製造しているのだ。

中国の軍事的立場を強め、アメリカの抗戦能力を低下させている例を挙げよう。
ジミー・カーター大統領による、パナマ運河の譲渡。 中国は今や運河の支配権を握っており、どの船を通過させるか、どの船をパナマで荷揚げさせるか、許可する権限を持つ。(兵役年齢に達した中国人男子がそこで姿を消し、陸路を通ってメキシコやアメリカ南部国境へ移動することもできる)

ビル・クリントン大統領による「最恵国待遇」。 奴隷労働で作った製品に対して米国市場を開放し、製品価格を暴落させ、何軒もの米国企業を倒産させて、多くの失業者を生み出した。 これは今でも続いている。 同時にアメリカは、共産主義者に抵抗する同盟国の台湾には、長い間背を向け続けている。

爆心地、ロスアンジェルス

クリントン政権下においてはまた、航空宇宙産業と人工衛星、通信産業の大手であるヒューズ・エレクトロニクス社とボーイング・サテライト・システムズ社が、中国にミサイル技術と誘導システムを、「通信衛星」の名目で、販売することが許可された。 数ヵ月後、中国が核弾頭をロスアンジェルスに到達させる能力を身につけた、と報じられた。

またしてもクリントン政権下において、中国のスパイがロスアラモス、その他の地で見つかり、中国軍のために核関連の秘密情報を盗んでいたことが明らかとなった。

こうしたことが起こっている間、アメリカの南部国境には、非常に多くの密入国者が殺到するようになった。 これはブッシュ政権下でもまだ続いている。 メキシコ人以外にも、中東やアジア、中米からの密入国者が多いと報告されている。

もう一つの戦争行為として、2001年初め、公海上60マイルの洋上で、米海軍の武装していない偵察機を、中国の戦闘機が迎撃し、強制着陸させるという事件があった。 乗組員は、3週間抑留された。 この偵察機を返還するとき、中国側は機体を分解し、海南島からロシアの貨物機(アメリカのではない)で運び出す、という屈辱的な条件を付けた。 この「真珠湾」に匹敵する事件は、しばらくの間メディアをにぎわせた。

その後ブッシュ政権下では、米軍部隊は彼の石油帝国を拡大するために駆り出された。 アメリカは、イラクとアフガニスタンにおける戦いのため細く長い戦線を抱えることになり、日本を防衛する能力が低下することになった。 その結果日本に取っては、軍事的にその両足で立ち上がることが、以前に増して重要になっている。

アメリカの「ローマ帝国」とも言える中央アジアの基地が増強されるにつれ、米本土にある基地は閉鎖され、航空機や軍艦が削減され続けた。 軍需品の備蓄は、中東の民間人相手に使用されて減少し続け、補充されることはなかった。 そしてアメリカの予備軍と州兵は、永久に海外の任務に縛り付けられた。 これが破局の処方箋だ。

ロバーツが指摘するように、「家で誰もニワトリを見張っていない内に、狼が壊れた柵の回りをうろついて」いるのだ。

道徳心の喪失

孫子の兵法には、「将が道徳を失い、原則を貫かず、一貫した規律を欠いておれば、隣国の有利となるだろう」とある。

我々は、日本においても、アメリカにおいても、そのた各国においても道徳心の欠如したありさまを目にする。 快楽におぼれる社会が衰亡に向うことは、歴史が証明している。 ローマ帝国の衰弱と滅亡を思い出していただきたい。 そして中国は、5000年の歴史を学んでいるのだ。

中国は、日本やアメリカを直接攻撃できる。 中国は戦略爆撃機を保有していないが、原子力潜水艦隊は持っている。 またアメリカの名前を付けた、50~100基の核弾頭(ICBM)を保有し、さらに毎年5~10基を生産することができる。 中国の複数の軍人は、台湾問題に際し、ロスアンジェルスを核攻撃すると、3回も脅迫した。

ビル・ガーツ著 「中国の脅迫・どのように中国がアメリカを標的に定めているか」(レグナリー・パブリッシング社、2000年)によれば、中国は30年前からアメリカとの戦争を準備している。 アメリカ政府が崩壊したり、貪欲だったり、愚かであったりすると、中国に取って事態は容易となる。

もう一つのシナリオも考えられる(複数のシナリオが同時に進行することもありうる)。 中国軍が「救助」にやって来るというものだ。 米軍がイラクやアフガニスタンで、また恐らく近い将来、イランやシリアで消耗しているとする。 アメリカは引き続き、韓国やドイツに部隊を駐留させねばならず、世界の他の地域で活動する余裕がない。

そこで、大きなテロ事件があったとしよう。 一回ではなく何度も連続して起きるかも知れない。 例えば米本土の都市で小規模の核爆発が起きたり、生物兵器が使用されたり、その他の大惨事が起きる。

このシナリオでは、アメリカ政府が国連に軍事援助・人道支援・法律の援助を求める。 必要な数の兵員を供給してアメリカ国民を「保護」できるのは、中国軍しかない。

日本とアメリカに取って、中国との貿易取引から素早く利益を得られるという期待感は大きかった。 しかし核やミサイルの拡散に関する中国のカラ約束に直面し、日米に対するその非友好的態度が見えてきた。 そして北京の指導者たちが、民主化や人権に関心がないことも理解した。

合同軍は、太平洋におけるNATOに相当するが、中国のこうした脅威、さらには北朝鮮の脅威に対して、カウンターバランスとなるものである。 日米両国の海軍が、共同で太平洋をパトロールし、関連する多くの周辺諸国の安全を守ることができる。

参考文献:

 ビル・ガーツ著 「中国の脅迫・どのように中国がアメリカを標的に定めているか」(レグナリー、2002年)
 エドワード・ティンパーレイク著 「レッドドラゴンライジング・共産中国のアメリカに対する軍事的脅迫」(レグナリー、1999年)

 エドワード・ティンパーレイク著 「イヤーオブザラット・ビルクリントンが中国のカネをもらっていかにアメリカの安全を損ねたか」

 (レグナリー、1998年)

文責: 伊勢平次郎、ジョン・ティファニー 2008年5月1日



このページのトップへ

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
Author: Nobuyoshi Ozaki

A long forty six years have passed since I stepped on to American soil. I have had various odd jobs in the past until I recently retired. Examples include working with Steven Spielberg as assistant director in a film called "1941." I was supervisor and later became Public Relation representative for Toyota Group - USA. My last occupation was a Senior Research analyst working in Silicone Valley for a major news paper from Tokyo, Japan. My spouse, Christine is a flight attendant, traveling often to the Middle East and Africa. We have spent three quarters of our life together as world adventurers. This photo was taken in Argentina. We now live in swampy Louisiana.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する