NIPPON FALCONS LEAGUE

Our blog's intention is to request the US government to grant us a chance to defend our mother country Japan at the American court of law regarding the resolution "Comfort Women" passed July 30, 07.

White America?

(解説1)レーガンの補佐官だったパット・ブキャナンは、大統領選にも出たし、現在は、CNNなどのコメンテーターだ。保守のジャーナリストとして、フェアナ人物である。ブキャナンが、オバマが「人種について、話し会わなければいけない。今度の大統領選挙は黒人の梯子なのだ」と」とスピーカーで吼えたことに対して、以下の論文を寄せている。

(解説2)オバマの主張は、韓国人・在日朝鮮人が、わが同胞の日本人に対して持つ理不尽な要求とそっくりなのだ。現在起こっている事実を全く認めない態度だ。だ・か・ら、日本人は、アメリカの保守(5850万票)と組むべきなのだ。わからんか、そこのウスアマ・サヨクさん?中国人・韓国人と組みたいかい?伊勢平次郎

*VENOMさんが和訳してくれました。英文の後に続きます。有難うね。

WHITE AMERICA?

Think, for once, Pat Buchanan told it like it is without regard to stupid public opinion about our 'candidates' for President of the United States of America .

Subject: BUCHANAN TO OBAMA

by Patrick J. Buchanan

Barack says we need to have a conversation about race in America.? Fair enough. But this time, it has to be a two-way conversation. White America needs to be heard from, not just lectured to. This time, the Silent Majority needs to have its convictions, grievances and demands heard. And among them are these:

First, America has been the best country on earth for black folks. It was here that 600,000 black people, brought from Africa in slave ships, grew into a community of 40 million, were introduced to Christian salvation, and reached the greatest levels of freedom and prosperity blacks have ever known. Wright ought to go down on his knees and thank God he is an American.

Second, no people anywhere has done more to lift up blacks than white Americans. Untold trillions have been spent since the '60s on welfare, food stamps, rent supplements, Section 8 housing, Pell grants, student loans, legal services, Medicaid, Earned Income Tax Credits and poverty programs designed to bring the African-American community into the mainstream.
Governments, businesses and colleges have engaged in discrimination against white folks -- with affirmative action, contract set-asides and quotas -- to advance black applicants over white applicants.

Churches, foundations, civic groups, schools and individuals all over America have donated their time and money to support soup kitchens, adult education, day care, retirement and nursing homes for blacks.

We hear the grievances Where is the gratitude? Barack talks about new 'ladders of opportunity' for blacks. Let him go to Altoona ? And Johnstown, and ask the white kids in Catholic schools how many were visited lately by Ivy League recruiters handing out scholarships for 'deserving' white kids.? Is white America really responsible for the fact that the crime and incarceration rates for African-Americans are seven times those of white America ? Is it really white America 's fault that illegitimacy in the African-American community has hit over 73% percent and the black dropout rate from high schools in some cities has reached approximately 56% percent? Is that the fault of white America or, first and foremost, a failure of the black community itself ?

As for racism, its ugliest manifestation is in interracial crime, and especially interracial crimes of violence. Is Barack Obama aware that while white criminals choose black victims 3 percent of the time, black criminals choose white victims 48% percent of the time ? Is Barack aware that black-on-white rapes are over 100 times more common than the reverse, that black-on-white robberies were 143 times as common in the first three years of this decade as the reverse?

We have all heard ad nauseam from the Rev. Al about Tawana Brawley, the Duke rape case about Jena ...all of which turned out to be hoaxes, and false allegations. But about the epidemic of black assaults on whites that are real, we hear nothing...so, what's going on in the media ?

Sorry, Barack, some of us have heard it all before, about 40 years and over 40 trillion tax dollars ago. This needs to be passed around because, this is a message everyone needs to hear !!!!!!! Moreover - if things don't change within the next 20 years The America that was established by our forbearers will be gone.

Moreover, they espouse being 'African-Americans' - get real - basically none of them came from Africa ! Their ancestors came from Africa . Or should we all start calling ourselves by where our ancestors derive: German Americans, Italian Americans, Irish Americans, French Americans, Spanish Americans, Polish Americans, English Americans, etc. etc. etc. We live in the UNITED STATES, not the separatestates. They are the ones keeping themselves on the outside via non-conformity choices.

Stats can be verified by the link below.

http://www.snopes.com/politics/soapbox/buchanan-wright.asp


「白人のアメリカだと?」

一度考えてみたまえ。 パット・ブキャナンが、「大統領候補」に関する馬鹿な世論など気にせず、こう発言したところを。

「ブキャナンからオバマへ」 
パトリック・J・ブキャナン

バラク・オバマは公平に、アメリカの人種問題について話し合うべきだと言うのだろうか? しかし今の時点で、一方通行でない対話が求められている。単なるお説教ではなく、白人のアメリカにも耳を傾けるべきだ。今の時点で、物言わぬ多くの人々が、その判断について、その不満について、その要求について聞いてもらいたがっている。その内容とは、例えばこんなものだ。

第1に、アメリカは黒人に取って地上最良の国であった。かつて60万人の黒人が奴隷船でアフリカから連れて来られ、それが、4千万人の黒人社会へと成長し、キリスト教の救済を得て、やがては黒人たちの歴史において最高度の自由と繁栄へ到達したのが、この国なのだ。ライト(白人のアメリカと罵詈憎言のオバマの牧師)はひざまづいて、神に感謝を捧げるべきだろう。

第2に、黒人たちの地位を、白人ほど引き揚げようとする人々は、今までいなかった。福祉や無料給食や、貸し出し補助やセクション8住宅や、奨学金支給や学生ローンや、法律相談や医療保険、所得税減免措置や貧困救済措置など、黒人たちを社会の主流に招き入れるため、60年代から何億ドルもの予算が費やされてきた。

政府も企業も大学も、白人差別に加わってきた。黒人の志望者を白人志望者より優先するための、アファーマティブアクションや黒人採用枠などのことだ。

アメリカ中の教会・財団・市民団体・学校・個人が、その時間と金銭を、黒人用の無料給食所や成人教育、デイケアや老人福祉、看護つき老人ホームなどに寄付してきたのだ。

それらに対する感謝があるのか?という不満をよく耳にする。バラク・オバマは黒人のための、「チャンスのはしご」について語る。 オバマをアルトゥーナやジョンズタウンに行かせて、カトリック学校の白人児童たちに最近、一体、何名のアイビーリーグ大学で奨学金を担当する職員たちが、彼ら白人児童に「受給資格がある」ことを告げに来てくれたか、質問させるべきだろうか?

黒人の犯罪発生率と拘禁率が白人の7倍に達するという事実に対し、白人のアメリカは本当に責任があるのだろうか?黒人コミュニティにおける私生児出生率が73%にのぼり、いくつかの都市では黒人生徒の高校退学率が56%に達するという問題は、本当に白人たちの犯した過ちだろうか?それは白人たちの失敗なのか、あるいは最初から最後まで黒人コミュニティの失敗ではないのか?

人種差別とは、特に人種間の暴力は、人種間における最も醜い犯罪である。バラク・オバマは、白人犯罪者が黒人を被害者に選ぶ件数が事件の3%なのに対し、黒人が白人を被害者に選ぶ件数が事件の48%であることに、気づいているだろうか?バラクは、黒人が白人をレイプする件数が、その逆の件数の百倍以上であることに、また今世紀最初の3年間において、黒人が白人の物を盗む件数が、その逆の件数の143倍であることに、気づいているだろうか? 

デューク・レイプ事件のイェナ、タワナ・ブロウリーの修正A1に関する果てしない議論について、誰しも聞いたことがあるだろう。売春婦と虚偽の証言についてだ。しかし黒人たちの、白人たちに対する大規模な殺傷事件は事実なのに、我々は何も聞かされない。メディアで何が起きているのか?

申し訳ない、バラク・オバマさん、40年間にわたり、4兆ドルもの税金が費やされたことを、我々は以前聞いたことがある。このことは世間に広める必要がある。なぜならこのことは、誰もが知るべきことだからだ!しかも状況が、このままあと20年間変わらなければ、我々の先駆者たちの築き上げたアメリカは、消滅してしまうだろう。

それに、「アフリカ系アメリカ人」という表現もおかしい。実際は、彼らのうち誰一人アフリカから来た者はいないからだ!彼らの先祖はアフリカ出身だ。さもなければ、我々も自分たちのことを、先祖の出身地で呼ばねばならなくなる。 「ドイツ系アメリカ人」、「イタリア系アメリカ人」、「フランス系アメリカ人」、「スペイン系アメリカ人」、「ポーランド系アメリカ人」、「イギリス系アメリカ人」、などなど。 我々は、ばらばらな国ではなく、「合衆国」に住んでいるのだ。不適切な用語によって、彼らは自分たちを、社会の外部に置こうとしている。

http://www.snopes.com/politics/soapbox/buchanan-wright.asp
(以上)










このページのトップへ

プロフィール

伊勢平次郎

Author:伊勢平次郎
Author: Nobuyoshi Ozaki

A long forty six years have passed since I stepped on to American soil. I have had various odd jobs in the past until I recently retired. Examples include working with Steven Spielberg as assistant director in a film called "1941." I was supervisor and later became Public Relation representative for Toyota Group - USA. My last occupation was a Senior Research analyst working in Silicone Valley for a major news paper from Tokyo, Japan. My spouse, Christine is a flight attendant, traveling often to the Middle East and Africa. We have spent three quarters of our life together as world adventurers. This photo was taken in Argentina. We now live in swampy Louisiana.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する